Amazon ECR PublicからDocker公式イメージが取得可能に。Docker Hubのプル制限を回避可能。AWS re:Invent 2021

2021年12月1日

Amazon Web Services(AWS)は、同社のクラウドサービスとしてDockerコンテナイメージのレジストリサービスを提供する「Amazon Elastic Container Registry Public」(以下、Amazon ECR Public)から、Docker Hubで提供されているDocker公式イメージが取得可能になったと発表しました

Dockerコンテナのイメージを登録し配布するサービスとして、もっとも広く使われているサービスはDocker Hubだと見られますが、Docker Hubは無料で利用する場合、6時間あたりのプルの回数をアノニマスユーザー100回以内、認証済みーザーで200回以内にするなどの制限をしています。

Amazon ECR PublicはこのDocker Hubの置き換えを狙って、AWSがプライベートなコンテナレジストリサービスとして提供していた「Amazon Elastic Container Registry」(Amazon ECR)の新機能として1年前に追加されました。

参考:[速報]AWS、Docker Hubの代替を狙う「Amazon Elastic Container Registry Public」提供開始。AWS re:Invent 2020

Amazon ECRにパブリック向けのレジストリを作成し、ここにコンテナイメージを登録していくことでパブリックに公開できます。パブリックに公開されたコンテナイメージは自動的にAWSの各リージョンへも展開され、ダウンロード時間の短縮と可用性の向上がはかられます。

Amazon ECR Publicから任意のAWSリージョンにイメージをプルする場合、事実上無制限にダウンロード可能。

AWSリージョンの外からは、AWS上で認証されていないユーザーは毎月500 GBのデータダウンロードが可能。AWSアカウントにサインアップまたはサインインすることで、毎月5TBまでのデータをダウンロードすることができ、その後は1GBあたり 0.09ドルの従量課金となります。

今回の発表では、このAmazon ECR Publicに自分でDockerコンテナイメージを登録しなくとも、Docker Hubで公開されているDocker公式イメージであれば自動的に登録され、取得できるというもの。

CI/CDなどで短時間に繰り返しDocker公式イメージをプルするユースケースなどで、Amazon ECR Publicがより便利なサービスになるのではないでしょうか。

AWS re:Invent 2021

Day1

Day 2

Day3

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / Docker / クラウド / コンテナ型仮想化



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本