AWSを1Uサイズのラックマウントサーバとしてオンプレミスに持ち込める、新型「AWS Outposts」登場。AWS re:Invent 2021

2021年12月2日

AWS Outpostsは、AWSのインフラストラクチャとサービスをオンプレミスに持ち込んで実行できるシステムです。

これまでAWS Outpostsは42Uの大型ラックで提供されてきました。

fig1

昨年のAWS re:Invent 2020で、1Uおよび2Uの小型なラックマウントサーバ型のAWS Outpostsが発表されていましたが、今回、AWS re:Invent 2021において正式にリリースされたことが発表されました

fig

新しいAWS Outpostsは1Uサイズと2Uサイズの2種類で、インテルのx86プロセッサもしくはAWSのGraviton2かいずれかのプロセッサを選ぶことができます。

下記が主な仕様です。

fig2

小型のAWS Outpostsは、企業の支店や支社、工場、店舗、病院など、設置場所が限られるなかで小さなレイテンシが求められる場所に適していると説明されています。

AWS re:Invent 2021

Day1

Day 2

Day3

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド / ARM / ハイブリッドクラウド



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本