[速報]AWS、データの長期保存をさらに安価にした「Glacier Deep Archive」発表。1ギガバイトあたり1カ月0.00099ドル。AWS re:Invent 2018

2018年11月29日


Amazon Web Servicesはラスベガスで年次イベント「AWS re:Invent 2018」を開催しています。

アンディ・ジャシーCEOによる基調講演で、データの保存料金をさらに安価にした新サービス「Glacier Deep Archive」が発表されました

fig

すでにデータの長期保存のためのサービスとしてAmazon Glacierが提供されていますが、今回発表されたAmazon Glacier Deep Archiveはさらに安価になっています。

同社の説明によると、Amazon Glacier Deep Archiveが、オンプレミスにおいて7年から10年程度のデータの長期保存用に設計された磁気テープライブラリに対する理想的な代替品となるとのこと。

Glacier Deep Archive に保存されたデータは、地理的に分散した3つ以上のアベイラビリティーゾーンに複製され保存されるため、99.999999999%の耐久性を持ちます。

データの取り出しは12 時間以内に行われます。

価格は1ギガバイトあたり1カ月0.00099ドル、すなわち1テラバイトあたり1カ月ほぼ1ドルと非常に安価になっています。

AWS re:Invent 2018

Day0:Midnight Madness

Day1:Monday Night Live

Keynote1:by Andy Jassy AWS CEO

Keynote2:by Werner Vogels Amazon.com CTO

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
[速報]フルマネージドなWindowsファイルサーバ「Amazon FSx for Windows File Server」発表。AWS re:Invent 2018

≪前の記事
[速報]オンプレミス用AWS「AWS Outposts」発表! AWSが設計したサーバラックをオンプレミスへ持ち込み。AWS re:Invent 2018


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig