[速報] AWS DataSync発表。オンプレミスとクラウド間で高速なデータ同期を実現。AWS re:Invent 2018

2018年11月27日


Amazon Web Services(AWS)の年次イベント「AWS re:Invent 2018」が11月26日(現地時間)、ラスベガスで開幕しました。

開幕に先立って現地時間25日夜に前夜祭として行われたイベント「Midnight Madness」では、AWS DataSyncが発表されました

AWS DataSync発表

AWS DataSyncはオンプレミスからAWSへ、あるいはその逆にAWSからオンプレミスへ、大量のデータを高速に転送し同期するためのツールとサービスです。その転送速度は10Gbpsのネットワークを飽和させるほどと説明されています。

AWS DataSyncはオンプレミス側にエージェントを配置。エージェントは仮想マシンとなっておりNFSクライアントとして動作するため、データ同期対象となるNFSサーバにマウントします。

AWS側のストレージはAmazon S3もしくはAmazon EFS(Elastic File System)を設定。いつ、どのデータを同期させるのかタスクを設定することで高速なデータ転送による同期が実行されます。

AWS DataSyncの用途として、バックアップとディザスタリカバリ、クラウドへのマイグレーション、メディアや大規模データを処理や分析のためにクラウドへ転送することなどが挙げられています。

AWS DataSyncは東京リージョンで利用可能になっており、そのほか米国や欧州などの主要リージョンでも利用可能です。

AWS re:Invent 2018

Day0:Midnight Madness

Day1:Monday Night Live

Keynote1:by Andy Jassy AWS CEO

Keynote2:by Werner Vogels Amazon.com CTO

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
[速報]AWSがARMプロセッサ「AWS Graviton Processor」を開発。搭載した「Amazon EC2 A1 インスタンス」発表。AWS re:Invent 2018

≪前の記事
[速報]AWS Transfer for SFTP発表、Amazon S3へファイル転送するマネージドなSFTP。AWS re:Invent 2018


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig