[速報]AWS LambdaがRubyに対応。さらにカスタムランタイムであらゆるプログラミング言語にも対応へ。AWS re:Invent 2018

2018年11月30日


Amazon Web Servicesはラスベガスで年次イベント「AWS re:Invent 2018」を開催中です。

Amazon.com CTOのWerner Vogels氏による基調講演では、AWS Lambdaが対応するプログラミング言語にRubyが加わったことが発表されました。

fig1

さらにAWS Lambdaで自由にどんなプログラミング言語でも使える新機能「Custom Runtimes for Lambda」も発表されました。

fig2

このCustom Runtimesに対応したC++とRustの環境をAWSはオープンソースとして公開。さらにPHP、COBOL、Erlangなどのサポートを行うパートナーも発表されました。

fig3

また、サーバレスアプリケーションの開発環境としてVisual Studio CodeやIntelliJなどを利用可能にする「AWS Toolkits for popular IDEs」も発表されました。

fig4

Lambda関数のステップ実行やデバッグなどが、これらの開発ツールから行えるようになります。

AWS re:Invent 2018

Day0:Midnight Madness

Day1:Monday Night Live

Keynote1:by Andy Jassy AWS CEO

Keynote2:by Werner Vogels Amazon.com CTO

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
コーディングをAIが支援するIntelliCodeがJavaに対応/AWSが独自のOpenJDK発表/オンプレミス用AWS「AWS Outposts」ほか、2018年11月の人気記事

≪前の記事
Amazon Redshiftの動作はつねに計測されており、この半年の改良で3.5倍もの高速化を実現した。AWS re:Invent 2018


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig