[速報]Azure SQLをAWSなどマルチクラウドで展開できる「Azure Arc enabled data services」がプレビュー開始。Ignite 2020

2020年9月23日

マイクロソフトはオンラインで開催中の年次イベント「Ignite 2020」で、Microsoft Azureを中心とするマルチクラウドプラットフォーム「Azure Arc」のデータベースサービス「Azure Arc enabled data services」がプレビュー版として提供開始されたことを明らかにしました

fig

Azure Arcとは、Microsoft Azureと同じ体験を、Microsoft Azure上だけでなくAWSやGoogle Cloud、VMwareなどのマルチクラウド環境においても提供する新サービスです。昨年のIgnite 2019で発表されました

fig

今回プレビュー版となった「Azure Arc enabled data services」は、Azure SQL Managed InstanceおよびAzure Database for PostgreSQL Hyperscale(シャーディングによるスケールアウト機能搭載のPostgreSQL)をAWSやオンプレミスなど任意のクラウド環境上のKubernetesへデプロイし、パッチ適用、自動アップデート、セキュリティポリシー適用などを含むマネージドサービスとして運用管理可能にしたものです。

マルチクラウド環境であってもMicrosoft Azure上のマネージドデータベースと同様に、自動的にパッチの適用やアップグレードが行われてつねに最新の状態に維持され、負荷に応じて柔軟なスケーラビリティを備え、統合的な運用管理が可能になっています。

マイクロソフトは同時に、マルチクラウド環境でAzureを中心とした統合的なサーバ管理を実現する「Azure Arc enabled servers」の正式サービス化も発表しています

Microsoft Ignite 2020

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本