[速報]OracleとVMwareが提携。VMware環境でのOracleをサポート開始。「Oracle Cloud VMware Solution」も発表。Oracle OpenWorld 2019

2019年9月17日

米オラクルは、サンフランシスコで開催中の年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」で、VMwareとの提携と「Oracle Cloud VMware Solution」の提供などを発表しました

fig

VMware環境でのオラクルソフトウェアにサポートを提供

VMwareとの提携により、オラクルはオンプレミスにおいてVMware環境でオラクルのソフトウェアを実行している顧客に対してもテクニカルサポートを提供します。

オラクルがVMware環境での同社ソフトウェアにサポートを提供するのはこれが初めて。VMwareのカスタマオペレーションズ担当COO Sanjay Poonen氏は下記のようにコメントしています

「VMware is delighted that for the first time, Oracle will officially offer technical support for Oracle products running on VMware. This is a win-win for customers,(VMwareは、オラクルがVMware上で動作するOracle製品のテクニカルサポートを初めて正式に提供することを歓迎します。これはお客様にとってWin-Winな提携です)」

オラクルがVMware Cloud Provider Programのパートナーに

オラクルはまた、VMware Cloud Provider ProgramのパートナーとしてOracle Cloud VMware Solutionを提供します。これはOracle Cloud上にVMware Cloud Foundationを用いてパブリッククラウド環境を構築したもの。

オンプレミスでVMware vSphere環境にあるソフトウェアを容易にクラウドへマイグレーション可能です。

「オンプレミスからクラウドへ、基本的に変更なしでマイグレートできる」(エリソン氏)

VMwareはAWS、Azure、Google、そしてOracleと提携

VMwareはこれで、VMware Cloud on AWS、Azure VMware Solution、Google Cloud VMware Solution、そしてOracle Cloud VMware Solutionと、パブリッククラウドの大手と次々に提携し、VMwareのクラウド環境を広めています。

オンプレミスとパブリッククラウドを組み合わせるハイブリッドクラウドの分野でのVMwareの存在感は、非常に大きくなってきたといえます。

Oracle OpenWorld 2019

Oracle Code One 2019

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本