[速報]Docker社CEO、Docker時代に向けた進化のロードマップを表明。AWS re:Invent 2014

2014年11月14日

Amazon Web Servicesは、同社の年次イベント「AWS re:Invent」を米ラスベガスで開催しています。

2日目の基調講演でDockerをサポートするAmazon EC2 Container Serviceが発表された後に、壇上にはDocker CEOのBen Golub氏が登壇。Golub氏はDocker社が考えるDocker時代に向けたロードマップの中身を聴衆に示しました。Golub氏の話をダイジェストで紹介します。

5つのステップからなるDocker時代のロードマップ

Docker CEO Ben Golub氏。

fig

AWSはDocker対応サービスをリリースしただけでなく、Dockerのエコシステムにも参加してくれている。つまり、Docke APIに対応し、ポータビリティを尊重してくれ、そしてもっとも大事なのはDocker Hubも統合してくれたことだ。

いまやDockerとはDockerエンジンだけではなく、大きなエコシステムを意味している。

なぜDockerが重要なのかについて触れておこう。われわれはアプリケーションの新しい世界を実現しようとしている。

これからのアプリケーションの世界では、デベロッパーというのはコンテンツクリエイターと見なされる、ということを知っておいていただきたい。

fig

歴史的に見て、例えば著述家というのは、かつて書籍の制作や流通について気にしていたが、インターネット時代の今、その心配はほとんどなくなった。インターネットというのはユニバーサルなパブリッシングプラットフォームなのだ。

一方で、デベロッパーはいまだに暗黒時代にいて、(アプリケーションの)OSへの依存性、バージョンへの依存性といったことを心配しなければならない。アプリケーションはインフラに強く依存していたのだ。

しかしいまそれは根本から変わろうとしている。

モノリシックなシングルスタックだったインフラとアプリケーションは、多くの疎結合なコンポーネントから構成されるようになっていく。

fig

われわれは複数のコンポーネントを、さまざまなサーバ、クラウドで運用する分散アプリケーションの時代に入っている。われわれはこうした方向へ進んでいくのだ。

そのためのロードマップがこれだ。5つのステップから構成される。

fig

コンテナ時代への5つのステップの最初のステップは、この10年に相当する。LinuxコンテナやSolaris Zones、BSD Jailなど、プロセスを分離し軽量に稼働させるためのコンテナ技術の進化だ。これは素晴らしいことだった。

Dockerが創業してからこの18カ月、行っているのがステップ2と3だ。コンテナの標準化やAPIの整備。これをした後にすぐステップ3がやってくる。主要なOS、主要なクラウド、DevOpsツールなどがDockerをサポートし、またDocker Hubでは多くの言語やソフトウェアがDockerイメージで利用可能になる。エコシステムを作るということだ。

そして次にステップ4と5だ。ここでは少数のコンテナによる分散アプリケーションの実現。そして、これをクラスタリングに対応させ、ネットワーキングストレージなどとも連携して管理できるようにすることだ。

こうしたことにはテクノロジだけでなくオープンな手法というのが大事だ。ポータビリティやエコシステムも重要になる。

AWS re:Invent 2014

Day1

Day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Docker / コンテナ型仮想化



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本