[速報]Dockerをサポートした「Amazon EC2 Container Service」発表。AWS re:Invent 2014

2014年11月14日

Amazon Web Servicesは、同社の年次イベント「AWS re:Invent」を米ラスベガスで開催しています。

2日目の基調講演には、Amazon.com CTO Werner Vogels氏が登壇。期待されていたDocker対応のクラウドサービス「Amazon EC2 Container Service」を発表しました。

Amazon EC2 Container Service発表

Amazon.com CTO Werner Vogels氏

fig

デベロッパーはなぜコンテナが好きなんだろうか? 開発の管理が容易でデプロイもしやすい。アプリケーションのコンポーネント管理も容易になるだろう。

fig

一方で、コンテナのスケジューリングはとても手間が掛かる。高可用性の実現やリソースの調整。立ち上げとロールバック、そうしたものはとても面倒だ。

もしこうした面倒抜きにコンテナが使えるとしたらどうだろうか?

ここで「Amazon EC2 Container Service」を発表する。

fig

スケーラブルで高性能なコンテナマネジメントサービスだ。

どんなスケールでもコンテナを管理でき、バージョニング機能がビルトインされており、デプロイやロールバックが行える。

fig

コンテナのスケジューリング、コンテナのセットを複数のアベイラビリティゾーンにデプロイし、高可用性の要求にも応えられる。

fig

例によってシンプルなAPIでほかのサービスとの統合も容易だ。

Amazon EC2 Container Serviceの利用は無料だ。

参考:Amazon Web Services ブログ: 【AWS発表】Amazon EC2 Container Service (ECS) - コンテナ管理のAWSサービス

AWS re:Invent 2014

Day1

Day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , Docker , クラウド



≫次の記事
[速報]Docker社CEO、Docker時代に向けた進化のロードマップを表明。AWS re:Invent 2014
≪前の記事
日本マイクロソフト、Azureに続きOffice 365も日本データセンターから提供開始へ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus