[速報]Amazonクラウド、コードリポジトリ「AWS CodeCommit」と、継続的インテグレーションサービス「AWS CodePipeline」発表。AWS re:Invent 2014

2014年11月13日

Amazonクラウドを提供するAmazon Web Servicesは、同社の年次イベント「AWS re:Invent」を米ラスベガスで開催しています。

デプロイメントツール「AWS CodeDeploy」の発表にあわせて、来年リリース予定の2つのサービスも発表されました。1つが継続的インテグレーションのためのサービス「AWS CodePipeline」。そしてもう1つがコードリポジトリの「AWS CodeCommit」です。

同社シニアバイスプレジデントによる、初日の基調講演での発表の模様をダイジェストで紹介します。

継続的インテグレーションとコードリポジトリのサービス

AWS CodeDeployに続いて、2015年早期にリリースする2つのサービスについてもここでみなさんに発表しよう。

1つは継続的ビルド、継続的テスト、継続的インテグレーションを実現するサービス「AWS CodePipelineだ」。

fig

任意のリポジトリからコードを取得し、既存のビルドツール、テストツールと連携してコードをビルドし、テストする。ワークフローのモデリングはビジュアルに行える。これも我々の社内で広く使われているツールのサービス化だ。

もう1つは、「AWS CodeCommit」。堅牢で高可用性を備えたコードリポジトリだ。

fig

コードのリポジトリをデプロイするところ密接なところにすることで、レイテンシを小さくできる利点がある。

CodeCommitのリポジトリのサイズに制限はない。

これらのサービスは既存のAWSパートナーと提携し、GitHub、Chef、Puppetといったさまざまなサービスと連携して動くように作られている。

fig

AWS re:Invent 2014

Day1

Day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , クラウド



≫次の記事
日本マイクロソフト、Azureに続きOffice 365も日本データセンターから提供開始へ
≪前の記事
[速報]Amazonクラウド、デプロイツール「AWS CodeDeploy」発表。ローリングデプロイ、ロールバックなどを一元管理。AWS re:Invent 2014

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig