マイクロソフト、プロンプトエンジニアリングツールなどを含むAIアプリケーションの統合開発環境「Azure AI Studio」発表。Build 2023

2023年5月25日

マイクロソフトは、開発者向けのイベント「Microsoft Build 2023」で、AIサービスの開発に必要な一連のツールを統合した「Azure AI Studio」を発表しました。

Azure AI Studioを用いることで、開発者は独自のCopilotのような機能を開発できるようになります。

「これはAIアプリケーション開発のためのライフサイクル全体に渡るツールチェーンだ」(マイクロソフト CEO サティア ナデラ氏)

fig

Azure AI Studioは、いくつかの機能から構成されています。

1つ目は、AIモデルに外部データソースを用いて独自データを追加できる機能。

fig

2つ目は、OpenAIのGPT4などを含むAzure OpenAI Serviceだけでなく、オープンソースやHagging Face Hubなどを含むさまざまなAIモデルの選択が可能なモデルカタログ機能。

fig

プロンプトエンジニアリングとして適切なプロンプトの操作や作成を行い、テスト、評価、チューニングなどができるプロンプトフロー機能などです。

fig

プロンプトフローは、コンテンツモデレーション用の新しいAzure AIサービスであるAzure AI Content Safetyが統合されており、ワークフローの中で有害なコンテンツを検知して削除できます。

Microsoft Build 2023

Tags: 機械学習・AI 開発ツール Microsoft

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイート
follow us in feedly




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本