[速報]Oracle Database 23cベータ版登場。JSONオブジェクトビュー、マイクロサービス対応のトランザクション機能など。Oracle CloudWorld 2022

2022年10月19日

オラクルは米ラスベガスで開催中のイベント「Oracle CloudWorld 2022」において、開発中の「Oracle Database 23c」(以下、23c)ベータ版のリリースを発表しました。

fig

オラクルのエグゼクティブバイスプレジデント Andy Mendelsohn氏は、23cには21cのすべての機能に300以上の新機能が追加されると説明。

fig
fig

Mendelsohn氏は23cの注目機能を3つ紹介しました。

fig

1つ目は、リレーショナルデータベースのスキーマを基にJSONオブジェクトビューを構成できる「JSON Relational Duality」です。これにより23cではリレーショナルデータベースがJSONを用いたドキュメントデータベースとしても振る舞うようになります。

「開発者はMongo APIを使ってもいいし、SQL JSONを使ってもいいし、その両方を使ってアプリケーションを作ってもいいんです。この機能でSQLとJSONの間のインピーダンスの不一致を解決しようとしている、これを実現しているデータベースは、私たちが知っている限りでは、私たちが初めてです」(Mendelsohn氏)

2つ目は「Operational Property Graph」。Property Graph機能はOracle Databaseで空間およびグラフ分析機能を提供しますが、23cではリアルタイムでグラフ分析が可能になり、詐欺の検出やソーシャルグラフの分析などが可能になります。「これは本当にエキサイティングなことで、まず他のデータベースでは実現できません。他のデータベースではOLTPとは分かれたデータウェアハウスでの分析を行うだけなのです」(Mendelsohn氏)

3つ目は「In-Database Sagas」と呼ばれるマイクロサービス対応のトランザクション機能です。

「例えば、航空券を予約したり、車を予約したり、ホテルの部屋を借りたりした後で、顧客からキャンセル依頼があった場合、航空券、カード、ホテルと3つの異なるトランザクションを元に戻さなければならない、といったことがマイクロサービスの世界では起こりえます。

23cのSagaでは、基本的に補正トランザクション(compensating transactions)を行うため、これが簡単にできるのです」(Mendelsohn氏)

その他23cにはKafka API、JavaScriptによるストアドプロシージャなどの機能も搭載されるとのことです。

Oracle CloudWorld 2022

JavaOne 2022

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Oracle Database / RDB / データベース / Oracle



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本