Wasm Labsが「Wasm Worker Server」をオープンソースで公開。Node.jsやDenoのようにWebAssemblyのWorkerをイベントドリブンに実行

2022年10月20日

VMware Wasm Labsは、WebAssemblyのWorkerをNode.jsやDenoのようにサーバサイドでイベントドリブンに実行できる「Wasm Worker Server」をオープンソースで公開しました

インストールも簡単で、わずか5分で使い始められると説明しています。

fig

コンフィグ不要、JSエンジンもWasmランタイム上で実行

Wasm Worker Serverの特徴は、これ自身の機能も含めてすべてWebAssemblyランタイムのWasmtimeの上で動いているという点にあります。JavaScriptエンジンのQuickJSもWebAssembly化され、Wasmtime上で実行されているとのこと。

HTTPエンドポイントは自動的にファイルシステムのカレントディレクトリを判別して設定されるため、コンフィグレーションファイルなどは不要。

また、基本的なデータレイヤとしてインメモリのキーバリューストアも搭載しているため、外部のデータベースなどを用意しなくともWasm Worker Serverのみで状態保存が必要なアプリケーションもそのまま実行可能です。

他のランタイムとの互換性についても、Wasm Worker ServerのAPIはNode.jsやDeno、Cloudflareなど非ブラウザ系JavaScriptランタイムの標準化団体であるWinterCGが提案している「Minimum Common Web Platform API」に準拠するように実装されていると説明されています。

Node.js、Deno、そしてBunをはじめとしてサーバサイドのJavaScript/WebAssemblyランタイムの選択肢が増えてきました。Wasm Worker Serverは本気で既存のランタイムとの競合を目指すというよりも、WebAssemblyの可能性を追求する実験的な実装という位置づけではないかとみられますが、今後このWasm Worker ServerのようにJavaScriptよりもWebAssemblyに重点を置いたランタイムの登場を予感させるものでもありそうです。

ちなみにWasm Labsは「さっき5分と書いたが間違いだった、本当は1分以内だ」と、訂正ツイートをして、1分以内で使い始める様子を紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ JavaScript / WebAssembly / プログラミング言語 / VMware



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本