FileMaker CloudがAWS東京リージョンからサービス提供開始。JavaScriptに対応したFileMaker 19も発売

2020年5月21日

クラリス・ジャパン株式会社は、データベースソフトウェアのFileMakerをクラウドサービスとして提供する「FileMaker Cloud」を、AWSの東京リージョンから提供開始したことを発表しました

またFileMakerの最新版となるFileMaker 19の発売も発表しました。

figFileMakerのWebサイト

FileMaker Cloudは、2019年10月に北米リージョンでサービスの提供を開始しています。今回のAWS東京リージョンでの提供開始により、顧客情報などセンシティブなデータを国内で保存できるようになります。

同時に発売されるFileMakerの新バージョンとなるFileMaker 19では、JavaScriptをサポート。FileMakerのWebビューア上にJavaScriptを用いてユーザーインターフェイスを柔軟に構築可能です。JavaScriptからは、FIleMaker Data APIを通じてJSON形式でデータを取得可能。

またFileMaker 19ではAppleの機械学習フレームワークCore MLの学習済みモデルをアプリケーションに統合でき、FileMaker 19のアプリケーションに画像認識などの機能を組み込めるほか、SiriショートカットのサポートによりSiriを用いた音声での操作なども可能になります。

クラリス・ジャパンはこの発表と同時に、クラウドサービス連携サービスのClaris Connectにおいて、弁護士ドットコムの「クラウドサイン」と、Chatworkの 「Chatwork」に対応したコネクタを発表。

前述のFileMaker Cloudの東京リージョンでの提供開始と合わせて、日本市場への強いコミットを表明しています。

Claris Connectのコネクタは今後さらにLINE WORKS、駅すぱあと、SmartHR、PostcodeJP、YuMakeなどにも対応予定としています。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本