[速報]Microsoft SQL Server 2019発表。SparkとHDFSを製品に統合、データ仮想化を搭載。Microsoft Ignite 2018

2018年9月25日

マイクロソフトは米フロリダで開催中のイベント「Microsoft Iginte 2018」で、同社のリレーショナルデータベースの次期バージョン「Microsoft SQL Server 2019」を正式に発表しました。

SQL Server 2019 fig1

SQL Server 2019ではビッグデータの処理や機械学習への対応などが重視され、Apache SparkとHDFS(Hadoop Distributed File System)が製品に統合されます。

SQL Server 2019 fig2

それぞれのノードにはSparkとHDFS、SQL Serverのエンジンが含まれており、ユーザーは使いやすいT-SQLを用いてビッグデータ処理を記述可能。

コンテナ環境への対応も強化され、上記の図のSparkとHDFS、SQL Serverが統合された複数のノードからなるビッグデータクラスタはKubernetes環境へのデプロイが可能になります。

Oracle DatabaseやSAP HANA、PostgreSQLやHdoopなどさまざまなデータベースにデータを格納したまま、それらをSQL Server 2019でたばねることで、ETLツールなどを用いてデータをさまざまなデータソースから取り出して1つのデータベースにコピーすることなく、仮想的に大きな1つのデータベースとして見せるデータ仮想化の機能も搭載予定。

SQL Server 2019 fig3

そのほかインテリジェントなクエリ処理による高速化、不揮発性メモリのサポートによるI/Oの高速化や暗号化の強化など、さまざまな機能追加が行われる予定です。


参考:SQL Server 2019 preview combines SQL Server and Apache Spark to create a unified data platform - SQL Server Blog

Microsoft Ignite 2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ RDB / データベース / Microsoft / SQL Server



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本