[速報]Google、コンテナ実行環境をサーバレスで提供する「Serverless containers」発表。Google Cloud Next '18

2018年7月25日


Googleはサーバのプロビジョニングやオートスケールなどサーバの運用管理などを意識することなく、コンテナ化したアプリケーションの実行を可能にする新サービス「Serverless containers」を発表しました

サーバレスコンピューティングとして現在提供されているサービスは、一般にJavaScriptなどプログラミング言語のランタイムとなっています。

Serverless containersでは、そのサーバレス環境をコンテナランタイムとすることで、プログラミング言語に縛られることなく、コンテナとして実行できるものであれば何でもサーバの運用を意識せず実行できることになります。

Serverless containersは、現在アーリープレビューとして、希望するユーザーのサインナップを募集中。

Google Kubernetes Engine上でもサーバレスを手軽に実現

Googleはまた、Google Kubernetes Engine上で手軽にサーバレスなワークロードを実現するためのアドオン「 GKE serverless add-on」も発表しました。

GKE serverless add-onを用いることで、アプリケーションのソースコードからワンステップでGoogle Kubernetes Engine上へコンテナアプリケーションをデプロイし、オートスケーリングなどサーバレスとしての運用が可能になります。

GKE serverless add-onも現在、希望ユーザーのサインナップを募集中です。

サーバレスを実現するKnativeフレームワーク

Googleはまた、オープンソースのコンポーネント群である「Knative」(ケイネイティブ)も発表しました。

KnativeはGoogle、Pivotal、IBM、SAP、Red Hatらが、Kubernetesと対応アプリケーションなどの知見を基に開発しているソフトウェアで、コンテナベースのサーバレスアプリケーションをKubernetes環境で実現するためのものとして、次のように説明されています。

By integrating Knative into your own platform, you don’t have to choose between the portability and familiarity of containers and the automation and efficiency of serverless computing. And you can enjoy the benefits of Google Cloud’s extensive experience delivering serverless computing whether you run on GCP, on-premises or in any other cloud.

Knativeをプラットフォームに組み込むことで、コンテナによるポータビリティと分かりやすさか、あるいはサーバレスによる自動化と効率化か、いずれかの選択に迫られるといったことがなくなる。そしてGCPかオンプレミスか、ほかのクラウドであるかにかかわらず、Google Cloudの延長のように提供されるサーバレスコンピューティングのメリットを得ることができるようになるのだ。

Google Cloud Next '18

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
SREを実践するための手引きとなる書籍「Site Reliability Engineering Workbook」をGoogleが無料公開、8月23日まで

≪前の記事
[速報]オンプレミスのKubernetesをGoogle Cloudで統合管理、「Google Kubernetes Engine on-Prem」発表。Google Cloud Next '18


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig