[速報]オンプレミスのKubernetesをGoogle Cloudで統合管理、「Google Kubernetes Engine on-Prem」発表。Google Cloud Next '18

2018年7月25日


Googleは、オンプレミスなどGoogle Cloudのデータセンターではない場所で稼働しているKubernetesを、Google Cloud Consoleから一元管理する新サービス「Google Kubernetes Engine on-Prem」を、サンフランシスコで開幕した同社のイベント「Google Cloud Next '18」で発表しました。

Google Kubernetes Engine on-Prem fig1

基調講演のデモでは、Google Cloud Consoleで管理しているKubernetesクラスタのロケーションに「moscone」と、この基調講演を行っているサンフランシスコのイベントホールの名称が表示されています(赤線はPublickeyによる)。

Google Kubernetes Engine on-Prem fig2

このKubernetesクラスタは本当にこの基調講演のステージ上で稼働しており、Google Kubernetes Engine on -Premで管理されていました。

Google Kubernetes Engine on-Prem fig3

Google Kubernetes Engine on-Premは、Google Kubernetes Engineの体験をそのままオンプレミスで実現するもの。

コンフィグレーション、ポリシーの展開、アプリケーションのデプロイなどを、Google Cloudと同じようにオンプレミスのKubernetesクラスタに対して実行できます。まるでGoogle Cloudのゾーンが新しく追加されたように見えます。

さらに発表されたばかりのGoogle Cloud Platform MarketplaceでのKubernetes対応アプリの配布機能は、Google Kubernetes Engine on-Premでも有効になります。つまり、マーケットプレイスから数クリックでオンプレミスのKubernetesクラスタへサードパーティのアプリケーションなどをデプロイ可能になる、ということです。

参考:Googleがクラウドマーケットプレイスで、Kubernetesアプリの配布を開始、オンプレミスへもデプロイ可能。GitLab、Cassandra、Couchbaseなどラインナップ

Google Kubernetes Engine on-Premに対応するハイブリッドクラウド構成としては、シスコが提供し来月正式版が登場する「Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloud」が最初に対応する予定。

Google Cloud Next '18

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
[速報]Google、コンテナ実行環境をサーバレスで提供する「Serverless containers」発表。Google Cloud Next '18

≪前の記事
[速報]Google、新プラットフォーム「Cloud Services Platform」発表。Kubernetes、Istio、Apigeeなど統合しコンテナアプリケーション基盤に最適化。Google Cloud Next '18


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig