SREを実践するための手引きとなる書籍「Site Reliability Engineering Workbook」をGoogleが無料公開、8月23日まで

2018年7月26日


「Site Reliability Engineering」(SRE)は、積極的にコードを書きソフトウェアをおもなツールとすることで高い信頼性を備え十分な性能を発揮するインフラを実現するという、Googleが提唱している方法論です。

GoogleはこのSREを普及させるためのWebサイトを公開しており、そこでSREの教科書的な存在であるオライリーの書籍「Site Reiability Engineering」を、今年の1月から無料公開しています。

参考: Google、書籍「Site Reliability Engineering」の無料公開を開始。インフラや運用をソフトウェアで改善していく新しいアプローチ

GoogleはこのSREのWebサイトで新たにもう一冊、オライリーから発刊予定のSREの書籍「The Site Reliability Workbook: Practical Ways to Implement SRE」の無料公開を開始しました。ただしこちらは8月23日までの限定公開です。

SRE Books SREのWebサイトの書籍紹介ページ。上が1月から無料で公開されている「Site Reliability Engineering」。下が新しく無料公開された「Site Reliability Wrokbook」

前書「Site Reiability Engineering」が、SREとは何かを説明するための教科書的な本だったのに対し、「The Site Reliability Workbook」は「Workbok」とあるように、SREを実践するための手引き書となっています。

Webサイトでの紹介文を引用しておきましょう。

The Site Reliability Workbook is the hands-on companion to the bestselling Site Reliability Engineering book and uses concrete examples to show how to put SRE principles and practices to work. This book contains practical examples from Google’s experiences and case studies from Google’s Cloud Platform customers. Evernote, The Home Depot, The New York Times, and other companies outline hard-won experiences of what worked for them and what didn’t.

Site Reliability Workbookは、ベストセラーとなった「Site Reliability Engineering」の実践的な手引き書であり、具体的な例を用いて、SREの原則とプラクティスを実践する方法を示しています。本書はGoogleにおける経験とGoogle Cloud Platformの顧客のケーススタディが含まれています。Evernote、ホームデポ、ニューヨークタイムスなどをはじめとする企業の貴重な経験を通じて、なにが有用で、なにが有用でなかったかが語られています。

「The Site Reliability Workbook」は、前書「Site Reiability Engineering」と同様に500ページ近いボリュームがあり、全編英語で書かれています。夏休みの課題図書として、時間のあるときにじっくり読んでみてはいかがでしょうか。

下記は目次から主な項目を抜き出したものです。

1. How SRE Relates to DevOps

Part I. Foundations
2. Implementing SLOs
3. SLO Engineering Case Studies
4. Monitoring
5. Alerting on SLOs
6. Eliminating Toil
7. Simplicity

Part II. Practices
8. On-Call
9. Incident Response
10. Postmortem Culture: Learning from Failure
11. Managing Load
12. Introducing Non-Abstract Large System Design
13. Data Processing Pipelines
14. Configuration Design and Best Practices
15. Configuration Specifics
16. Canarying Releases

Part III. Processes
17. Identifying and Recovering from Overload
18. SRE Engagement Model
19. SRE: Reaching Beyond Your Walls
20. SRE Team Lifecycles
21. Organizational Change Management in SRE
Conclusion

本書は8月4日に米オライリーからペーパーバック版が出版予定です。日本語版の出版予定は現在のところ不明です。

(追記)日本語版はオライリージャパンから発刊予定とのことです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Docker for Win/MacのKubernetes統合が正式版に。Stable Channelでリリース開始

≪前の記事
[速報]Google、コンテナ実行環境をサーバレスで提供する「Serverless containers」発表。Google Cloud Next '18


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig