Docker for Win/MacのKubernetes統合が正式版に。Stable Channelでリリース開始

2018年7月27日


DockerにKubernetesが統合されることが2017年10月のDockerCon EUで発表されて以来、その統合はサーバ向けのDockerだけでなく、WindowsとmacOSに対応するデスクトップ版(以下、Docker Desktop)においても進められてきました。

今年の1月にはKubernetesを統合したDocker for Macのベータ版が登場し、2月にはWindows版も登場しました。

Dockerのリリースは、4半期に一度のペースで安定版がリリースされる「Stable channel」と、1カ月に一度のペースで最新機能を組み込んだバージョンがリリースされる開発者や評価者向けの「Edge channel」の2つのチャネルに分かれています。

これまでKubernetesを統合したDocker DesktopはEdge Channelでリリースされていましたが、Stable channelでのリリースが発表され、正式版としてDocker DesktopにKubernetesが統合されることとなりました。

Docker DesktopはmacOSもしくは(Hyper-Vを用いるため)Windows 10 ProもしくはWindows 10 Enterpriseにインストール可能です。インストールするとDockerとともにSwarmとKubernetesも利用可能になります。

これによりデスクトップ環境でDockerアプリのビルド、テスト、実行がKubernetesも含めて可能になり、本番環境とシームレスに連係するようになると説明されています。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Google、「Cloud Build」発表。ビルド/テスト/デプロイの実行をマネージドサービスで提供、1日あたり120分まで無料。GitHubと提携も

≪前の記事
SREを実践するための手引きとなる書籍「Site Reliability Engineering Workbook」をGoogleが無料公開、8月23日まで


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig