[速報]次バージョンのDocker for Win/Macでは、ローカルにKubernetes環境も自動構築。DockerCon Europe 2017

2017年10月18日

無料で提供される開発者向け「Docker Community Edition」Windows版、Mac版でもKubernetesの統合が行われ、ローカルにDocker環境と同時にKubernetes環境が構築されることが発表された。


デンマークのコペンハーゲンで10月17日に開幕したイベント「DockerCon EU 2017」。

DockerとKubernetesの統合とサポートの発表に続いて、無料で提供される開発者向けのDocker環境であるDocker Community EditionのWindows版、Mac版でもKubernetesの統合が行われ、ローカルにDocker環境と同時にKubernetes環境が構築されることが発表されました。

Docker Community EditionもKubernetesを統合

Docker創業者兼CTO Solomon Hykes氏。

DockerCon EU 2017 fig6

もしあなたがデベロッパーでDockerを使っているのなら、すでにDockerのローカル環境で開発をして、テストをして、本番環境へデプロイしていると思う。

Kubernetes環境でやろうとするとこれが複雑になって、まずKubernetes環境をローカルに作って、運用チームに頼んで設定ファイルを本番環境とやりとりをしてと。

できないことはないけれど、スムーズではない。

そこで、これも対応することにした。次のバージョンのDocker Community Editionでは、Kubernetesのことを知らなくても、そのまま開発して、すぐ使える環境を用意する。

Docker Community Editon for Windows/MacでKubernetesサポート

もしKubernetesの外部ツールを使いたければ、デスクトップ版のDockerのKubernetesは標準のKubernetesと同じように対応する。

Docker CEをインストールするとKubernetes環境も構築

続いて行われたデモで、次のバージョンのDocker Community EditonのWindows版とMac版では、インストールすると自動的にDocker環境と同時に(シングルクラスタによる)Kubernetes環境が構築され、開発者は特にKubernetesの予備知識なく設定、開発が行えることが示されました。

Docker Community Editionは、現在ベータ版の申し込みを受付中

DockerCon Europe 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Docker / Kubernetes / コンテナ型仮想化



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本