Google、FlutterアプリをWebアプリへ変換する「Hummingbird」発表。Web開発言語としてDartが帰ってくる。Flutter Live '18

2018年12月6日


Flutterのプラットフォーム言語であるDartは、もともとJavaScriptの代替を目指して開発し、しかし予想より普及に成功しなかったことでJavaScriptをターゲットとするトランスパイラへポジションチェンジをしました。

しかしそれも日の目を見ず、再起動後のDart 2ではFlutterとともにiOSとAndroidのネイティブアプリケーションのための開発言語となっています。

しかしDart 2とFlutterがふたたび、JavaScriptの代替としてWebアプリケーションを開発する言語という位置づけに帰ろうとしています。

Googleは12月4日、ロンドンで開催したイベント「Flutter Live '18」で、FlutterアプリケーションをJavaScriptへと変換することによりWebアプリケーション化する新プロジェクト「Hummingbird」を発表しました

fig8

基調講演では実際にネイティブなモバイルアプリケーションとして開発された15パズルをWebアプリへ変換したものがデモされました。

fig11

FlutterによりiOSとAndroidのネイティブアプリケーションが単一のコードで記述されているのと同様に、Hummingbirdでは同一のコードからWebアプリケーション用のHTML/CSS/JavaScriptのコードを生成します。PWA(Progressiv Web Application)への対応も予定しています。

デモでは、まだ最適化の余地があるとしながらも1秒間に60フレームの描画速度を実現するスピードで実行できているとのことでした。

fig12

Hummingbirdはまだ実験的段階で、今後ブログや来年春に予定されているGoogle I/Oでさらに詳細を発表するとしています。

Flutter Live '18

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Kubernetes 1.13リリース。Container Storage Interface仕様が正式版に、CoreDNSがデフォルトのDNSサーバへ

≪前の記事
FlutterアプリをWindows/Mac/Linuxのデスクトップで実行可能にする「Flutter Desktop Embedding」発表。Flutter Live '18


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig