FlutterアプリをWindows/Mac/Linuxのデスクトップで実行可能にする「Flutter Desktop Embedding」発表。Flutter Live '18

2018年12月6日


Googleは12月4日、ロンドンでイベント「Flutter Live '18」を開催。基調講演で、FlutterアプリケーションをWindowsやMac、Linuxのデスクトップ環境で実行可能にする「Flutter Desktop Embedding」プロジェクトを発表しました

fig

Flutterは現時点では、Dart 2言語をプラットフォームに、iOSとAndroidに対応したネイティブなモバイルアプリケーションを開発するためのUIツールキットです。

GoogleはこのFlutterアプリケーションをWindowsやMac、Linuxでも実行可能にしようとしています。

今回発表された「Flutter Desktop Embedding」は、それを実現するためのソフトウェアだと説明されています。

Googleはすでに数カ月にわたってこのプロジェクトに取り組んでおり、そしてこの基調講演で用いられていたプレゼンテーションは、実は「Flutter Desktop Embedding」によってMac上で実行されているFlutterアプリケーションであることが明かされ、会場から驚きの拍手が起きました。

fig9

「Flutter Desktop Embedding」はまもなくオープンソースソフトウェアとして公開される予定です。

またGoogleはFlutterアプリケーションをRaspberry PiやChromebook、IoTデバイスなどさまざまなデバイスでも実行できるようにしていくと説明しています。Dart 2およびFlutterはマルチプラットフォーム対応への道を進み始めるようです。

Flutter Live '18

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Google、FlutterアプリをWebアプリへ変換する「Hummingbird」発表。Web開発言語としてDartが帰ってくる。Flutter Live '18

≪前の記事
Flutter対応した2Dのベクターアニメーション作成ツール「Flare」無償公開。Flutter Live '18


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig