Kubernetes 1.13リリース。Container Storage Interface仕様が正式版に、CoreDNSがデフォルトのDNSサーバへ

2018年12月7日


コンテナオーケストレーションツールKubernetesの最新版となる「Kubernetes 1.13」が正式にリリースされました

fig

Kubernetes 1.13は10月10日に1.12がリリースされて以来、わずか2カ月という短期間でリリースされています。

その理由として1.13は機能の追加ではなく下記の3つの機能の正式リリースにフォーカスされていたためだと説明されています。

1つ目は、Kubernetesクラスタ管理ツールである「kubeadm」です。

kubeadmは最小限のKubernetesクラスタを起動し、運用することにフォーカスされたシンプルなツールです。さまざまな機能を備えた、よりリッチなKubernetes管理ツールはこのkubeadmを基盤に構築されることが期待されています。

2つ目は「Container Storage Interface(CSI)」です。CSIはKubernetesだけでなくCloud FoundryやMesosなどのさまざまなコンテナオーケストレーションツールに対して、ストレージベンダが自社製ストレージのためのプラグインを開発できるようにするための共通APIとして開発されてきました。

つまりこのCSIに沿ってストレージプラグインを開発すれば、どのコンテナオーケストレーションでも対応することになります。

CSIの仕様が、今回のKubernetes 1.13のリリースと同時にバージョン1.0に到達し、正式版となりました。

3つ目はCoreDNSがKubernetesのデフォルトのDNSになったことです。

Kubernetesはオーケストレーション機能を実現するために内部にDNS機能を必要としており、これまではそこにKubernetesの開発エンジニアがKubernetes開発の合間に開発しメンテを行ってきたKubeDNSが用いられていました。

CoerDNSはKubernetesの開発をホストしているCloud Native Computing Foundationの正式な開発プロジェクトの1つであり、単一のGoバイナリで実行される、よりシンプルかつ軽量で高速なDNSです。

Kubernetes 1.11から、デフォルトのDNSとしてKubeDNSの代わりにCoreDNSが選択可能となっていましたが、今回のKubernetes 1.13からはCoreDNSがデフォルトのDNSとなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Knativeをベースにしたサーバレス環境「Pivotal Function Service」、Pivotalがアルファ版発表

≪前の記事
Google、FlutterアプリをWebアプリへ変換する「Hummingbird」発表。Web開発言語としてDartが帰ってくる。Flutter Live '18


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig