ChromeへのDartVM統合を断念、Dart開発チームが発表。今後はJavaScriptへのコンパイルにフォーカス

2015年3月26日

「DartVMをChromeに統合しないことにした」(We have decided not to integrate the Dart VM into Chrome. )。5月25日付けの「Dart News&Updates」ブログに投稿された「Dart for the Entire Web」の中で、Dartの共同創業者Lars Bak氏とKasper Lund氏はこのように記し、ChromeでJavaScriptと同じように使えることを目指したDartの目標を取り下げることを表明しました。

Dart News & Updates: Dart for the Entire Web

In order to do what's best for our users and the web, and not just Google Chrome, we will focus our web efforts on compiling Dart to JavaScript.

ユーザーや、単にGoogle ChromeではなくWebにとって何が最善かを考えた結果、私たちはDartからJavaScriptへのコンパイルに注力することにした。

Dartは引き続き上記の方針の下に開発を続け、Webアプリケーションの開発生産性向上を目指すとしています。

WebブラウザでネイティブにDartを走らせる目論見だった

Dartは2011年10月にGoogleが発表したプログラミング言語です。

Google社内で「JavaScriptは単なる言語の進化では修正できない根本的な問題を抱えている」という問題意識から始まったとされており、具体的にはJavaScriptの動的性質を保ったまま、より高い性能と大規模プロジェクトでの開発に適合した言語を作る、という考えがDartの背景にあったとされています。

そして最終的にはDartVMをChromeに統合し、WebブラウザでネイティブにDartを走らせることを目指していました。2013年に最初の正式版となるDart 1.0もリリース、ECMAでの標準化も開始されました。

いわゆる「よりよいJavaScriptを目指す言語」として、現在ではAltJSと呼ばれるさまざまな言語が登場しています。マイクロソフトのTypeScriptやHaxe、CoffeeScript、日本のDeNAからはJSXも開発されましたが、いずれもJavaScriptへコンパイルするものであり、Webブラウザへ統合しJavaScriptと同等に使われることを目指すDartの目標は非常に野心的なものでした(DartもJavaScriptへのコンパイル機能を備えています)。

しかし今回DartがWebブラウザへの組み込みを断念したことで、Webでネイティブに走る言語としてのJavaScriptには、現時点で事実上のライバルがいなくなたったといえそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , JavaScript , Web標準



≫次の記事
クラウド専業SIerのテラスカイが4月30日にマザーズ上場へ
≪前の記事
オブジェクトストレージのAmazon S3、地域間レプリケーション機能「Amazon S3クロスリージョンレプリケーション」を追加

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus