Flutter、ベータを卒業してリリースプレビューへ。Dart言語によるiOS/Android対応アプリフレームワーク

2018年6月26日


Googleが開発しているDart言語によるモバイルアプリケーションフレームワークの「Flutter」が、ベータ版を卒業して正式リリース手前のリリースプレビュー1としてリリースされました

Flutter

リリースプレビューになったことは、Flutterが安定した品質に到達したことを示すものだと説明されています。

The shift from beta to release preview signals our confidence in the stability and quality of what we have, and our focus on bug fixing and stabilization.

ベータからリリースプレビューへの移行は、安定性とクオリティの獲得に対する自信の表れであり、引き続きバグフィックスと安定化に注力していく。

モバイルアプリ向け言語として再スタートしたDartと、そのためのFlutter

Flutterの特長は、単一のソースコードでiOSとAndroidそれぞれのOSに適した美しいUIやネイティブな機能へのアクセスを実現する点にあります。また、コードの変更をすぐシミュレータや実機の表示や動作に反映し迅速な開発を可能にする「Stateful Hot Reload」機能などを備え、効率よく短期間にネイティブアプリケーションの開発を実現可能です。

そしてFlutterはDart言語を基盤としたフレームワークです。

DartはもともとJavaScriptを代替する言語になることを目論んで2011年にGoogleが開発を始めましたが、その当初の目的は達成できず、忘れられていく言語ではないかと考えられていました。

しかし2018年3月にDartの開発チームはDart言語を「Dart 2」としてモバイルアプリケーションの開発言語として再起動。Dart 2では、型推論によってコードの品質を高める支援を行い、コードによるUIの定義では、newやconstをオプションにすることで、より直接的にUIをコードで表現できるように強化されました。

そしてDart 2の再起動を後押しするべく発表されたのがFlutterでした。

そのFlutterのリリースが近づいてきたことで、関連ツールも充実し始めてきています。Flutterの開発チームは、Visual Studio Code用の拡張機能「Flutter extension for Visual Studio Code」のアップデートを続けています。

またFlutter開発チームとは別の開発者によるオープンソースとして、Webベースのビジュアル開発ツール「Flutter Studio」なども登場しています。

Flutter Studio

Flutter開発チームによると、Flutterの人気は米国、インド、中国などで盛り上がりを見せているとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Slackが日本でローンチイベント開催、本格展開スタート。日本法人の増員、国内サービスとの連携拡充、コミュニティの支援を約束

≪前の記事
Javaの新しい商用ライセンス、米オラクルが発表。月額料金でデスクトップは2.5ドル、サーバは25ドル。LTS版を利用可能


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig