Flutter 3.7正式リリース。スクリーンサイズにUIレイアウトが自動対応、GPU活用による高速描画エンジン「Impeller」がプレビューに

2023年1月30日

Googleはクロスプラットフォーム対応のUIフレームワーク「Flutter」にフォーカスしたイベント「Flutter Forward 2023」を、アフリカにあるケニア共和国の首都ナイロビで開催しました。

fig

Flutterは美しく高速なユーザーインターフェイスを、高い生産性かつクロスプラットフォーム対応として開発可能なオープンソースのフレームワークです。

fig

当初はAndroidとiOSをターゲットにしたモバイルアプリケーション向けフレームワークでしたが、その後Webアプリケーション、WindowsとmacOS、Linux対応のデスクトップアプリケーションやLinux組み込みシステムにも対応を広げました。

fig

500万人以上のデベロッパーによって70万以上のアプリケーションが開発されており、昨年のGitHubの調査ではコントリビュータに人気のオープンソースプロジェクトトップ3に選ばれています。

fig

ここで、Flutterとその開発言語であるDartの最新安定版となる「Flutter 3.7」と「Dart 2.19」の正式リリースが発表されました。

fig

Flutter 3.7の主な新機能

Flutter 3.7では、Material 3のサポートが拡張されました。

fig

スクリーンサイズに応じて自動的にUIのレイアウトが変わる「Adaptive layout」。

fig
fig

メニューバーとカスケーディングメニューにも対応。

fig

iOSのMetalやAndroidのVulkanなどのハードウェアアクセラレーションをフル活用する高速なレンダリングエンジン「Impeller」がiOSでプレビューになりました。

fig

iOSアプリをApp Storeに提出する前にコンフィグレーションなどをチェックすることでリリース作業を支援する機能も追加されました。

fig

DevToolsでは、メモリデバッギングツールが改善され、メモリ使用量のチェックなどが可能になりました。

fig

Flutter Foward 2023基調講演のストリーミング動画。

Flutter Foward 2023

あわせて読みたい

プログラミング言語 Dart Flutter Google



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本