マイクロソフト、Linux版SQL Server 2022のリリース候補版を公開。Azure Active Directory対応など

2022年9月13日

マイクロソフトは、現在開発中であるLinux版SQL Server 2022のリリース候補版を公開しました

Windows Server版SQL Server 2022のリリース候補版は8月23日付けで発表されており、そこから約2週間程度でLinux版のリリース候補版が登場していることから、製品版に関してもほぼ同時にリリースされるのではないかと予想されます。

Windows Server版SQL Server 2022の主な新機能では、Amazon S3のREST APIを使用してAmazon S3およびCephやCloudian、NetApp、Nutanix、Pure Storageなどが提供するS3互換のストレージへ接続し、データベースのバックアップ、リストアなどの操作が可能になりました。

fig

それ以外にも、Microsoft Azure上のマネージドサービスであるAzure SQL Managed Instanceとのリンク機能による双方向ディザスターリカバリー機能、Azure上のデータウェアハウス機能であるAzure Synapse AnalyticsとのレプリケーションによってSQL Serverのデータをほぼリアルタイムに分析できる機能、ブロックチェーンの技術をデータベースに組み込むことでデータの改ざん防止などを可能にする機能などをはじめとした様々な新機能が搭載されます。

Linux版SQL Server 2022のリリース候補版では、これらWindows Server版の機能に加えて、Linuxにインストールできないインテグレーションランタイム(IR)の代わりにネットワーク経由でWindowsベースのマシン上でIRを動作させる「Azure Synapse link 」、Azure Active Directoryに対応させるAzure Active Directory authentication機能などが追加されています。

Linux版SQL Server 2022はRed Hat Enterprise LinuxもしくはUbuntuへのインストール方法が公開されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ RDB / データベース / Microsoft / SQL Server



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本