[速報]AWS、クラウド障害をわざと起こす「AWS Fault Injection Simulator」発表。カオスエンジニアリングをマネージドサービスで実現。AWS re:Invent 2020

2020年12月16日

Amazon Web Services(AWS)は、開催中のオンラインイベント「AWS re:Invent 2020」で、アプリケーションに対してクラウド障害のシミュレーションを行える新サービス「AWS Fault Injection Simulator」を発表しました。

fig

クラウド上で稼働するアプリケーションの耐障害性などを高めるために実際にクラウド障害をわざと発生させて問題点をあぶりだす手法は、「Chaos Enginieering(カオスエンジニアリング)」と呼ばれています。

Netflixが2012年にカオスエンジニアリングのためのツール「Chaos Monkey」を公開したことで広く知られるようになりました。

参考:サービス障害を起こさないために、障害を起こし続ける。逆転の発想のツールChaos Monkeyを、Netflixがオープンソースで公開

今回発表された「AWS Fault Injection Simulator」は、AWS自身がこのクラウド障害のシミュレータをマネージドサービスとして提供するというものです。

わざとAPIやデータベースの障害と同等の状況を作り出すことで、実際のクラウド障害をシミュレートできます。

AWS Fault Injection SimulatorのWebページから機能の説明を引用します。

With Fault Injection Simulator, teams can quickly set up experiments using pre-built templates that generate the desired disruptions, such as server latency or database error. Fault Injection Simulator provides the controls and guardrails that teams need to run experiments in production, such as automatically rolling back or stopping the experiment if specific conditions are met.

Fault Injection Simulatorによって、サーバの遅延やデータベースといった望みの障害の試験を、あらかじめ定められたテンプレートを用いて迅速に設定できます。Fault Injection Simulatorは、本番環境の試験における自動ロールバックや特定条件に合致した際の障害の停止などを管理下で確実に実行します。

AWS Fault Injection Simulatorは2021年早期に登場予定です。

AWS re:Invent 2020:バックナンバー

Andy Jassy Keynote

AWS Partner Keynote

Infrastructure Keynote

Werner Vogels Keynote

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本