マイクロソフト、RPA機能を搭載した「Power Automate」を4月2日にワールドワイドでリリース。AIでスキャンした請求書も認識

2020年3月5日

マイクロソフトは、これまでプレビュー機能として提供してきたRPA機能「UI Flows」を正式版として搭載した「Power Automate」を4月2日にワールドワイドでリリースすることを明らかにしました

fig Power Automateはノーコードでサービス連携を構築、実行できる

Power Automateは2019年11月に行われたイベント「Microsoft Ignite 2019」で発表されたサービスです。これまでMicrosoft Flowと呼ばれていた自動化ツールを改名し、RPA機能を追加したもの。

もともとMicrosoft Flowは、IFTTT的なサービス連係サービスとして、GitHub、Dropbox、Slack、メール、Twillio、Googleカレンダーなど多数のサービスを連係する機能を備え、2016年にリリースされました。

Power Automateでも300以上のクラウドサービスやアプリケーションとの接続、連係が可能です。例えば、顧客からのメールの問い合わせをトリガーにして、通知をSlackで行い、内容をDropboxに文書として保存、顧客情報をSalesforceと関連付けるといった、サービスやアプリケーションを自動的に連係動作させるワークフローを、フローチャートを作るような操作で実現します。

AIによるスキャンデータの認識も可能

こうしたサービス連携は、連携先のそれぞれのサービスやアプリケーションのAPIを通じて行われます。

しかし、社内で開発された業務アプリケーションや何年も前に開発されたような、APIを持たず、人間が画面を操作することでデータの入出力を行うことが前提となっているアプリケーションでは、APIを通じた連係は不可能です。

そこで、こうしたAPIを持たないアプリケーションに対して、まるで人間がアプリケーションを操作するように、ソフトウェアのロボットがアプリケーションを操作することで、システム間の連携や操作の自動化などを実現するのがRPA(Robot Process Automation)機能です。

Power Automateでは、「UI Flows」がこのRPA機能を提供します。

UI Flowsでは、人間のマウス操作やキーボード操作、入力内容などを記録、ロボットがその記録を基に指定されたアプリケーション操作を自動的に行うことで、まるでそのアプリケーションに対してAPI経由でデータを入出力しているように振る舞わせられます。

fig UF Flowsで人間の操作を記録しているところ

しかも「AI Builder」によるAI機能によって、紙の請求書のスキャンデータやフォームの認識、画面内オブジェクトの認識などもユーザーが学習させることが可能です。

RPA機能は、ユーザーのPC上で個別に実行する「Attended RPA」と、サーバ上で大量のソフトウェアロボットを展開できる「Unattended RPA」の2つが用意されています。

ノーコード開発ツールへの注目が高まる

ノーコードでのサービス連係サービスは、Clarisが「Claris Connect」をリリースしたばかりです。

GoogleもAppSheetを買収し、ノーコード開発ツールへの取り組みを続けています。

RPA機能を搭載したPower Automateのリリースは、こうしたノーコードツール市場への注目をさらに高めそうです。

関連記事

2019年11月、マイクロソフトはPower AutomateにRPA機能を統合したPower Automate Desktopを発表。

2021年3月、Power Automate DesktopをWindows 10向けに無料で提供することを発表しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本