VMwareのクラウド基盤がAzure東京リージョンで利用可能に。「Azure VMware Solutions」を2020年第一四半期に東京リージョンで提供と発表。VMworld 2019 US

2019年8月28日

VMwareは、AWSとの協業による「VMware Cloud on AWS」をはじめとする、VMwareテクノロジーによるクラウド基盤の提供をさまざまなクラウドベンダとともに提供しています。

Azure上でVMwareクラウド基盤を提供する「Azure VMware Solution」は、今年5月に発表されました。

Azure VMware Solutionsはあらかじめ認定されたソリューションプロバイダであるCloudSimpleもしくはVirtustreamによって行われます。そのため、現時点でのAzure VMware Solutionsは「Azure VMware Solution by CloudSimple」と「Azure VMware Solution by Virtustream」の2種類が存在します。

発表当時、Azure VMware SolutionsはAzureの米西、米東リージョンで提供が開始され、現在では欧州リージョンでも提供が始まっています。

そしてサンフランシスコで開催中の「VMworld 2019 US」において、Azure VMware Solutionsの東京リージョンでの提供が2020年第1四半期に計画されていることが発表されました(マイクロソフトの発表)。

fig

すでにAWSの東京リージョンでは「VMware Cloud on AWS」が2018年11月から提供開始されています。

Azure VMware Solutionが東京リージョンで開始されることにより、国内ユーザーにとってVMwareクラウド基盤をパブリッククラウドで使う際の選択肢が広がることになります。

VMworld 2019 US

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本