AWS、機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」提供開始。コード、ノートブック、データセットをひとつのツールで。AWS re:Invent 2019

2019年12月5日

AWSは米ラスベガスで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2019」で、機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」をはじめとする機械学習関連ツールを多数発表しました。

fig1

Amazon SageMaker Studioは、機械学習を実装するためのコード作成、コードのアドホックな実行や結果の可視化などを手軽に行うためのJupyterノートブックの作成や共有機能、そして機械学習のためのデータ管理の3つを1つのツールとしてまとめたもので、Webアプリケーションとして提供されます。

そのJupyterノートブック機能を提供するのが「Amazon SageMaker Notebooks」です。

fig2

さらにデータを用いてモデルを作成し、チューニングする作業などを支援してくれるのが「Amazon SageMaker Experiments」。機械学習ジョブごとに名前を付けて管理、比較などが可能です。

fig3

機械学習のトレーニングにおける問題解決を支援してくるのが「Amazon SageMaker Debugger」です。デフォルトで主要な機械学習フレームワークであるTensorFlow、MXNet、PyTorchのメトリクスを収集でき、モデルのデバッグや改善を支援します。

fig4

「Amazon SageMaker Model Monitor」は、いったん完成し、実運用中の機械学習モデルの推論結果が、現実と乖離していないかどうかを自動的に追跡してくれるサービス。乖離が検知されるとアラートを発してくれます。

fig5

「Amazon SageMaker Autopilot」は、機械学習モデルの作成をアルゴリズムの選択、データの前処理、最大50モデルの作成と比較、チューニングなどをすべて自動的に行ってくれます。

fig6

これらはすべてSageMaker Studioと連係して動作します。

AWS re:Invent 2019:バックナンバー

Monday Night Live

Keynote1 : by Andy Jassy AWS CEO

Keynote2 : by Werner Vogels Amazon.com CTO

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本