[速報]AWS、自身でプロセッサを開発していく姿勢を明らかに。独自開発の第二世代ARMプロセッサ「Graviton 2」発表。AWS re:Invent 2019

2019年12月4日

Amazon Web Services(AWS)は、米ラスベガスで年次イベント「AWS re:Invent 2019」を開催中です。

開催3日目に行われたキーノートスピーチには、同社CEO Andy Jassy氏が登場。

fig

Jassy氏は、同社が独自開発したARMベースの新プロセッサ「Graviton 2」および、このプロセッサを用いた新しいインスタンスタイプ「M6g」「R6g」「C6g」を発表しました。

fig2

x86プロセッサのサーバと比較して、40%も価格性能比が高いとのこと。

チップデザイン会社の買収がターニングポイントだったとAndy Jassy CEO

Jassy CEOは、2015年にAWSがイスラエルのチップデザイン会社であるAnnapurna Labsを買収したことが、同社にとってターニングポイントだったと振り返ります。

同社がAnnapurna Labsを買収した当初の目的は、Amazon EC2におけるサーバの仮想化機能をより高性能化するためにハードウェアへのオフロード用ASICを自社で開発するためだと説明されていました。

このASICは「Nitro System」の一部として、現在はすべてのAmazon EC2サーバに組み込まれています。

そして自社でプロセッサの設計能力を持つようになった同社は、サーバの価格性能比を自身で改善していくことができるのであるなら、それを自社で作っていこうと考えるようになったとJassy氏は説明します。

その最初の成果として発表されたのが、一年前のre:Invent 2018で発表されたARMベースプロセッサ「Graviton」です。

今回発表された「Graviton 2」プロセッサは、このGravitonプロセッサの第二世代となります。

AWSはより優れたインスタンスタイプを提供する手段として、自社でプロセッサを開発していく姿勢を明確にしたといえます。

Graviton 2プロセッサは7nmルールで製造され、これを用いたインスタンスは最大で64vCPUを搭載。25Gbpsのネットワーク帯域とブロックストレージであるAmazon EBSに対して18Gbpsの帯域を実現。

fig3

1年前のGravitonと比較してコア数で4倍、メモリの速度で5倍、全体として 7倍の性能向上を実現し、x86世代のインスタンスと比較して40%の価格性能比があると説明されています。

AWS re:Invent 2019:バックナンバー

Monday Night Live

Keynote1 : by Andy Jassy AWS CEO

Keynote2 : by Werner Vogels Amazon.com CTO

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本