[速報]AIがコードのレコメンドやバグの指摘など開発を支援してくれる「Visual Studio IntelliCode」発表。Build 2018

2018年5月8日

マイクロソフトは、米国シアトルで開催中のイベント「Microsoft Build 2018」で、AIを用いてプログラマの開発を支援する「Visual Studio IntelliCode」を発表しました。

Visual Studioには、プログラマが記述するコードの補完、入力候補の表示、ヒントの表示などによってコーディングを支援する「IntelliSense」と呼ばれる機能があります。

今回発表された「IntelliCode」は、こうした支援機能を機械学習を用いることでさらに前進させ、範囲を広げたものです。機械学習は、GitHubなどの公開されているコードを基に行われたと説明されています。

IntelliCodeでは、IntelliSenseと同様に入力候補や補完候補など表示してくれますが、機械学習を用いることでより適切なレコメンデーションやヒントの表示などを行うようになっています。

IntelliCode fig1

コーディングの場面だけでなく、プルリクエストを受け取った場合には、レビューに関するアドバイスをしてくれます。

IntelliCode fig2

コードを分析し、なにか問題がありそうな部分についてコメントをしてくれる機能も備えています。下記では、コードの中に不要な変数が含まれていることを指摘しているところです。

IntelliCode fig3

IntelliCodeは現時点ではC#が対象で、Visual Studioの実験的な拡張機能としてプライベートプレビューの段階だと説明されています。

Build 2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本