[速報]Amazon Aurora Multi-Master発表。マスターサーバの分散配置でライト性能がスケール、耐障害性も向上。AWS re:Invent 2017

2017年11月30日

「Amazon Aurora」は、2014年にAmazon Web Services(AWS)が、発表したエンタープライズ向けのリレーショナルデータベースサービスです

それまでOracleなどの商用データベースが用いられてきた基幹業務向けデータベースの用途を想定し、クラウドに最適化した設計による高性能と高可用性を実現するサービスとして提供されてきました。

AWSは、米ラスベガスで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2017」において、このAmazon Auroraの新機能「Aurora Multi-Master」を発表しました。

Aurora Multi-Master

これまでAmazon Auroraは1つのマスターデータベースがあり、このマスターに対して複数のリード専用のレプリカデータベースを生成することでスケーラブルな性能を実現してきました。

Aurora Multi-Master fig2

しかし書き込みができるマスターデータベースは1つであるため、リード性能はスケーラブルでしたが、ライト性能はそうではありませんでした。

今回発表されたAurora Multi-Masterによって、リード、ライトともにスケーラブルになります。

Aurora Multi-Master fig3

Aurora Multi-Masterではマスターサーバが複数のアベイラビリティゾーンに展開されることで、スケーラブルかつ、これまでよりも高い可用性を実現しています。

いずれかのマスターサーバが失われたとしても、ダウンタイムなしで処理を継続可能です。

「これは複数のデータセンターに対応したスケールアウトが可能な、最初のリレーショナルデータベースサービスだ。Oracle RACでさえ、1つのデータセンターの1つの部屋におさまっているのだ。」(Andy Jassy CEO)

リージョン内のアベイラビリティゾーン対応のAurora Multi-Masterはオープンプレビュー開始。2018年には、複数のリージョンにマスターサーバを展開する機能も予定されています。

AWS re:Invent 2017 before keynote

AWS re:Invent 2017 Keynote day1

AWS re:Invent 2017 Keynote day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本