Amazon Aurora MySQLとAmazon Redshiftをニアリアルタイムに同期する「Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration with Amazon Redshift」パブリックプレビュー

2023年7月4日

Amazon Web Services(AWS)は、Amazon Aurora MySQLのデータをAmazon Redshiftにニアリアルタイムで同期させる新サービス「 Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration with Amazon Redshift」(以下、ゼロETL)をパブリックプレビューとして提供開始したことを発表しました

東京リージョンでも利用可能となっています。

OLTPのデータをほぼリアルタイムに分析可能に

Amazon Auroraは高速なトランザクション処理を特徴とするリレーショナルデータベースであり、Amazon Redshiftは大規模データの高速分析を特徴とするデータウェアハウスのサービスです。

新サービスのゼロETLはこの2つのデータベースをニアリアルタイムに同期することで、OLTPのデータをほぼリアルタイムで分析することを可能にします。

複数のAmazon Aurora MySQLデータベースから1つのAmazon Redshiftへのデータ転送も可能で、大規模なデータ集約を可能にします。

多様なデータベースを提供するAWSの戦略的新サービス

ゼロETLは昨年(2022年)11月に開催されたイベント「AWS re:Invent 2022」で発表されました。

fig

AWSは用途別に、NoSQLのDynamoDBやOLTP向けのAmazon Aurora、データウェアハウス向けのAmazon Redshiftをはじめとするさまざまなデータベースサービスを提供しています。

これらのデータベースからAmazon Reshiftにデータを集約してデータ分析を行う際に発生する、いわゆるETLの手間が課題となっていました。

ゼロETLは、複数のデータベースに対応しニアリアルタイムでAmazon Redshiftにデータ集約を可能にすることで、このETLの課題を解決するとして提供される、AWSの戦略的なサービスといえます。

あわせて読みたい

AWS MySQL RDB クラウド データベース OLAP データウェアハウス




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本