Salesforce.comもRPAに参入へ、RPAベンダのServicetraceを買収で。MuleSoftと統合

2021年8月5日

Salesforce.comは、RPAベンダのServicetraceを買収し、2018年に買収したMulesoftの一部とすることを発表しました。

Servicetraceは、ソフトウェアがあたかも人間のようにアプリケーションを操作することで、さまざまなアプリケーションの操作や連携を自動化する、いわゆるRPA(Robotic Process Automation)を提供するソフトウェアベンダです。ビジネスプロセスの自動化やテストの自動化などを実現します。

MuleSoftは、さまざまなクラウドサービスやソフトウェアに対して接続可能なコネクタを備えており、エンタープライズ向けのデータ統合やサービス統合などをAPIベースで実現するサービスを提供します。

このMuleSoftにServicetraceを組み合わせることで、これまでMuleSoftでは対応していなかった企業内の独自アプリケーションやレガシーアプリケーションなどとのデータ統合が可能になり、さらにビジネスプロセスの自動化の幅も広がると考えられます。

結果としてSalesforce.comが提供するさまざまなサービスにおいて、より幅広いアプリケーションやデータの連携を実現できるようになるでしょう。

RPA市場には、SAP、Oracle、マイクロソフトなど大手ソフトウェアベンダがすでに参入し、本格的な競合をはじめています。Salesforce.comも今回のServicetrace買収により、その競合に加わることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本