Google、Active Directoryのマネージドサービスを正式サービスとして開始

2020年2月25日

Googleは、Active Directoryのマネージドサービス「Managed Service for Microsoft Active Directory」をGoogle Cloudの正式サービスとして提供開始したと発表しました

Managed Service for Microsoft Active Directoryは、2019年4月にサンフランシスコで開催された「Google Cloud Next '19」で発表され、9月にパブリックベータとして公開されていました

fig1Google Cloud Next'19でManaged Service for Microsoft Active Directoryが発表された

Managed Service for Microsoft Active Directoryは以下の特長を持つと説明されています。

Active Directory対応アプリケーションとの互換性
本物のActive Directoryドメインコントローラを用いてサービスを提供しているため、機能から管理ツールまで互換性の問題は発生しない

メンテナンスフリー
マネージドサービスとして提供されるため、障害時の対応、パッチの適用、適切なファイアウォールの運用などの運用管理はすべてGoogle Cloudが行う

シームレスなマルチリージョン運用が可能
ユーザーは本サービスを自分の仮想マシンなどが稼働する任意のリージョンで運用できるため低レイテンシで利用できる。自社システムがマルチリージョンへ拡大した場合には本サービスもマルチリージョン展開が可能

ハイブリッドクラウド対応
オンプレミスで運用されているActive Directoryと接続し、ハイブリッドクラウドで運用できる

fig

万が一Active Directoryが障害を起こすと、その影響はシステム全体に及びます。こうした重要な部分をクラウドのマネージドサービスに任せることは、多くの情報部門などにとってリーズナブルな選択肢と言えるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本