インスタンスを安く使える「Azure Spot Virtual Machines」発表。クラウドの空きキャパシティを安価に提供

2019年12月18日

マイクロソフトは、クラウドで余っている空きキャパシティを安価に提供する「Azure Spot Virtual Machines」を発表しました。

クラウドでは基本的にいつでも仮想マシンをプロビジョニングし、利用を開始することができます。つまりクラウドでは、いつでもユーザーからの仮想マシンのプロビジョニング要求にこたえられるように、その時点でまだプロビジョニングされていない、余剰なサーバのキャパシティを抱えているのです。

「Azure Spot Virtual Machines」は、この余っているキャパシティを安価に提供するサービスです。ただし、ほかのユーザーによってこの余剰キャパシティが通常料金の仮想サーバとしてプロビジョニングされる場合、このAzure Spot Virtual Machinesはただちに利用が中断され、余剰キャパシティへと戻ります。

このように直ちに余剰キャパシティへと強制的に戻る可能性があるという条件付きであるために「Azure Spot Virtual Machines」は安価に使えるのです。

同社はこの「Azure Spot Virtual Machines」に適した処理として以下のようなものを挙げています。

  • 開発とテスト
  • 中断されても持続可能であるか、回復可能なワークロード
  • バッチ処理
  • ステートレスでスケールアウトする アプリケーション
  • 仮想マシンが削除された場合でも、簡単に再実行できる短時間のジョブ

これまでAzureにおいておもにバッチ処理向けにプレビュー公開されていた「低優先度 Virtual Machines」は、この「Azure Spot Virtual Machines」に置き換えられることになります。

クラウドの空きキャパシティを安価に提供するサービスは、AWSでは以前から「Spot Instance」として提供されていましたので、似た名称がAzureで使われるのは分かりやすさにつながるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Microsoft Azure / クラウド / Microsoft



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本