Visual Studio CodeがJUnitに対応。エディタ上で単体テストの実行、テストのデバッグなどが可能に

2017年12月6日

マイクロソフトはオープンソースで開発している無償のコードエディタ「Visual Studio Code」(以下VSCode)をJUnit対応にする拡張機能「Java Test Runner」のリリースを発表しました

Java Test Runner

「JUnit」は、Javaで単体テストの自動化を行うためのフレームワークです。さまざまな開発ツールでサポートされており、Javaの単体テストを行う際の事実上の標準といえます。

VSCodeに拡張機能「Java Test Runner」を追加することで、JUnit4のテストを認識し、VSCode上でテストの実行や実行結果、テストコードのデバッグなどが可能になります。

下図は、テストコードを実行するところ。

VSCodeがJUnit対応 fig1

下図はテストコードが通って緑のチェックマークがついたところ。

VSCodeがJUnit対応 fig2

また、VSCode標準のコンソールは表示しかできず、テスト動作中にユーザーからの何らかの入力が必要な場合に対応できません。そのため、新たに統合ターミナルが用意されました。画面下部に表示される「integratedTerminal」と別ウィンドウとして表示される「externalTerminal」です。

コード中にコンソールとしてどちらかを指定することで、テスト動作中にユーザーからの入力を受け付けられるようになります。

VSCodeがJUnit対応 fig3

参考:[速報]「Visual Studio Live Share」発表。複数のプログラマがリアルタイムにコードの編集、ブレークポイント、デバッガ操作などを共有。Connect(); 2017

参考:無料のコードエディタ「Visual Studio Code 1.10」リリース。ミニマップ、テキストのドラッグ&ドロップ、TypeScript 2.2対応、JSDocコメントの自動生成など

参考:オープンソースのエディタ「Visual Studio Code 1.5」リリース。Vimエミュレーションの強化、20万ファイル以上の大規模プロジェクトでもファイル検索高速化など

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ ソフトウェアテスト・品質 / プログラミング言語 / Visual Studio



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本