「GitLab 9.2」リリース。1つのIssueに複数人をアサイン可能に、国際化対応を開始、Kubernetes環境へインストール対応など

2017年5月24日

ソースコード管理ツールとしてオープンソースで開発されているGitLabの最新版「GitLab 9.2」がリリースされました

fig

GitLab 9.2では、はじめて国際化対応のフレームワークが追加。有効性を確認するために一部のページのみスペイン語とドイツ語が用意されています。有効性が確認されれば、以降のバージョンからほかの言語も追加し、国際化を進めていくとのことです。国際化に協力するためのコントリビューションページも用意されました

また、GitLabのインストール環境として正式にKubernetesがサポートされました

インストールにはKubernetesのパッケージマネジメントツールである「Helm」を利用。Kubernetes環境によってスケーラビリティの実現が容易になっています。

有料版となるGitLab Enterprise Editionでは、1つのIssueに対して複数人をアサインできる「Multiple Assignees for Issues」が追加。アサインされた全員が同じ権限を持ち、同じように通知を受け取ることになります。

fig

そのほか追加された多数の機能については、GitLabのブログ「GitLab 9.2 Released with Multiple Assignees For Issues and Pipeline Schedules」を参照してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本