[速報]Google App EngineのManaged VMもDocker対応。事実上どんな言語のランタイムも使えるPaaSに

2014年11月5日

Googleは11月4日(日本時間5日)、サンフランシスコでイベント「Google Cloud Platform Live」を開催。同社のPaaS型クラウドサービスであるGoogle App Engineの機能「Managed VM」でのDockerサポートを発表しました。

fig

Google App EngineのManaged VMとは、Google App Engineの環境下で仮想マシンを走らせることで、仮想マシンの面倒をApp Engineが見てくれるというもの。仮想マシンの構成は開発者が自由に行える一方、負荷が高くなったときのスケールアウトやロードバランス、負荷が減ったときのスケールイン、サーバが落ちたときのフェイルオーバーといった運用をすべてクラウドに任せることができるため、開発者はアプリケーションの開発に集中できます。

Managed VMは今年の3月に発表されましたが、今回そのManaged VMでDockerをサポートすることが新たに発表されました。

Dockerコンテナ上に任意の言語のランタイムを備えたDockerイメージをデプロイすることで、事実上どんな言語のランタイムもGoogle App Engineが面倒を見てくれることになります。例えば、Google App EngineがサポートしていないNode.jsもManaged VM上のDokcerコンテナに載せれば利用可能です。

fig

Docker対応のManaged VMは、本日からベータ版として一般公開です。

さらなる値下げ、クラウドデバッグ機能なども発表

Googleは今回のCloud Platform Liveで、ほかにもさらなるクラウドの値下げ、Cloud Interconnect、クラウドデバッガなど発表も行っています。

fig

これらについては別途紹介する予定です。

Cloud Platform Live

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本