[速報]Google、「Managed Virtual Machines」発表。Google App Engine内で仮想マシンを管理

2014年3月26日

Google App EngineのようなPaaSは、運用の手間をかけることなくスケーラブルな環境を利用できる一方で、PaaSが提供する言語や環境という制約を受け入れる必要があります。一方で、自由にOSやプログラミング言語、実行系を選択できるIaaSでは、スケーラブルなアーキテクチャを開発者が構築、運用する必要があります。

PaaSによるマネージドな環境とIaaSの柔軟性を両立させようというのが、Googleが3月25日(日本時間3月26日早朝)に開催したイベント「Google Cloud Platform Live」で発表した「Managed Virtual Machines」です。

fig

これはGoogle App Engineの環境の下で仮想マシンを走らせることにより、仮想マシンの面倒をApp Engineが見てくれるというもの。仮想マシンの構成は開発者が自由に行えます。

fig

App Engineが仮想マシンの面倒も見てくれる

利用するにはApp Engineの設定ファイルにManaged Virtual Machineを有効にするための設定を記入します。VMタグをTrueにし、マシンタイプやインストールするアプリケーションをapt get installコマンドで指定すること、通信ポート番号、インスタンス数などが記述されています。

fig

これでApp Engineは仮想サーバをデプロイし、モニタリング、ロードバランス、障害発生などにも対応してくれるようになります。

fig

既存のApp Engineのアーキテクチャ内でManaged Virtual Machinesも運用されています。

Google Cloud Platform Live 2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google App Engine , PaaS , クラウド



≫次の記事
Amazonクラウドの仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」が今日から一般公開。Windows 7が月額約3500円から。iPad、Androidタブレット、Kindleも利用可
≪前の記事
[速報]Google Compute EngineがWindows Server、SUSE、Red Hat対応。Cloud DNS機能も

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus