[速報]JavaOne 2012開幕。Java SE/JavaFX/Java EE/Java MEなどの最新ロードマップ公開

2012年10月1日

米サンフランシスコでJavaOne 2012が開幕しました。日本の今朝8時(現地時間9月30日)から始まった基調講演では、Java SE、JavaFX、Java EEなど、この先のJavaテクノロジー群がどう進化するのか、紹介されています。

現在(午前9時40分現在)、まだ基調講演は続いていますが速報記事としてお伝えします。

Javaの戦略とビジョン

今年のテーマは「Make the Future Java」。Javaをより完成された最新のプラットフォームにし、開発生産性を高めるだけえなく、開発プロセスもオープンで透明なものにしていく。

fig

Java SE、JavaFX、Java EEのロードマップ。JDK 7は広く使われるようになり、JDK 8/9ではProject Lambda、JavaScript実装などが投入される。

JavaFXではデスクトップや組み込み向けのリッチなUIツールが提供される。Java EEではHTML5対応、そしてクラウド対応へ。

fig

Java ME、Java Cardなどはデバイスの大きな広がりに対応し、セキュリティを改善していく。NetBeansは引き続き投資し、Java ME/SE EEの新版がリリースしたその日から対応していく。

fig

Javaは、テクノロジーの革新、コミュニティ、オラクルのリーダーシップの3つからなっている。

fig

Java SEではOS XやLinux ARMに対応した。

fig

Open JDKでは複数の新しいプロジェクトがスタートしている。

fig

昨年、オラクルは4つの地域でJavaOneを開催した。

fig

JavaOne基調講演の模様は、あらためて別記事として掲載予定です。

JavaOne 2012

Oracle OpenWorld 2012

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本