JavaによるJavaScriptエンジンやNode.js実装など「Project Avatar」がオープンソースで公開~JavaOne 2013

2013年9月26日

オラクルはHTML5やJavaScriptなどのWebテクノロジーとJavaとの親和性を高めることを目指し、JavaによるJavaScriptエンジン実装などを含む「Project Avatar」を2年前から社内で進めてきました。

サンフランシスコで開催中のJavaOne 2013、初日のストラテジーキーノートでは、そのProject Avatarがオープンソースとして公開されたことを発表しています。Java EEに関する内容と合わせて紹介します。

Java EE 7はエンタープライズとWebアプリの先端

米オラクルのVice President, Java Product Management、Peter Utzschneider氏(左)と、VP of Java Development of Java Platform、Cameron Purdy氏(右)

fig

Java EE 7はエンタープライズの要件を意識しており、バッチ処理、開発生産性、WebSocketやRESTfulサポートなどのHTML5対応の3つが大きな特徴だ。

fig

Java EEは将来に向けて、開発生産性の高いプラットフォームでありつつ、エンタープライズ向けのアプリケーションだけでなく、Webアプリケーションの先端的なプラットフォームを目指している。そのために最新の標準技術を積極的に採用していく。

fig

すでにJava EE 7は公開されており、アプリケーションサーバの参照実装としてGlassFish 4.0も公開されている。

fig

Project Avatarをオープンソースで公開

2年前、ここでProject Avatarの話をした。そこから多くの作業を行ってきた。

HTML5の機能を実装し、WebSocket、RESTful、NoSQLデータベースのサポートなどがそれらだ。

さらにProject NashornでJava EEコンテナを拡張し、JavaScriptエンジンを組み込み、Node.jsサービスもJavaアプリケーションサーバ内で稼働するようになった。

fig

そして、ここでProject Avatarをオープンソース化したことを発表する。

fig

新しいオープンソースのプロジェクトだ。

Oracle OpenWorld 2013 / JavaOne 2013

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , Java , JavaScript , Node.js , Oracle



≫次の記事
ニフティクラウドが、モバイル向けBaaS「ニフティクラウド mobile backend」を提供開始。ストレージ5GB、プッシュ通知やAPIリクエスト月間200万回までは無料
≪前の記事
Java SEとJava MEが一本化へ。Internet of Thingsの時代に向けて~JavaOne 2013

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig