[速報]オラクル、Oracleデータベースの遠隔バックアップサービスをクラウドで提供へ~Oracle OpenWorld 2013

2013年9月23日

米オラクル主催のイベント「Oracle OpenWorld 2013」がサンフランシスコで開幕しました。

最初の基調講演に登壇したCEOのラリー・エリソン氏は、In-Memoryオプションに続いてデータベースのバックアップ用アプライアンスと、そのクラウドサービスを発表します。

(本記事は「[速報]オラクル、Oracle 12cにインメモリとカラム型データベースの追加機能を発表~Oracle OpenWorld 2013」の続きです)

データベースのバックアップ、リカバリ機器を発表

今夜最後の発表は「Oracle Database Backup, Logging, Recovery Appliance」だ。これが本当に製品の名前なんだよ(笑)。

fig

Oracle Database Backup, Logging, Recovery Applianceは、データベースをバックアップし、トランザクションログを保存しておくことで、データベースのリカバリーを行える。

何千ものデータベースが稼働していたとして、トランザクションログをアプライアンスに送る。万が一稼働中のデータベースが失われたときには、バックアップとともにログがあるため、最後のトランザクションの時点までデータを失うことはない。

fig

Oracle Public Cloudでサービスとしても提供

このバックアップアプライアンスは稼働中のデータベースと高速なネットワークで接続する必要はない。つまり、クラウドに置いていてもいい。

もちろん数万ものデータベースにも対応するスケーラビリティがあり、x86サーバのデータベースでも、ExadataでもIBM pシリーズでも、すべてのOracleデータベースに対応し、テープにアーカイブすることもできる。

fig

これをOracle Public Cloudでサービスとしても提供する。世界のどこにあるデータベースでも、バックアップ、ロギング、リカバリーをすることができるのだ。

オンサイトでも、クラウドでも、どちらを選択することもできる。

汎用サーバと目的特化型サーバの組み合わせ

数年前から、Exadataをはじめとする目的特化型のマシンを皆さんは目にしてきた。

ハードウェアとソフトウェアを組み合わせることにより、汎用型のサーバよりも、より高速で、信頼性があり、しかも大事な点としてより安く、データベース処理を実現できる。

クラウドのデータセンターでコアとなってきたサーバは、Intelサーバ、あるいはコモディティサーバなどと呼ばれ、そこに仮想化とLinuxOSを導入し、高速なイーサネットで接続したものだ。

ここに、データベースの性能、コスト、バックアップといった目的特化型のマシンを組み合わせていく。これがオラクルの考える将来のデータセンターの姿だ。

fig

Oracle OpenWorld 2013 / JavaOne 2013

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  Oracle , SaaS , リレーショナルデータベース


次の記事
[速報]オラクル、クラウドでOracle DBとWebLogicのPaaS提供へ、IaaSはOpenStack API採用。エリソン氏は基調講演をドタキャン~Oracle OpenWorld 2013

前の記事
[速報]オラクル、Oracle 12cにインメモリとカラム型データベースの追加機能を発表~Oracle OpenWorld 2013


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig