[速報]オラクル、クラウドでOracle DBとWebLogicのPaaS提供へ、IaaSはOpenStack API採用。エリソン氏は基調講演をドタキャン~Oracle OpenWorld 2013

2013年9月25日

サンフランシスコで開催中のOracle OpenWorld 2013。3日目のクラウドにフォーカスした基調講演では、同社CEO ラリー・エリソン氏が再び登壇する予定でした。

しかしエリソン氏は基調講演の登壇を急遽キャンセルし、同じくサンフランシスコで開催中のヨットレースAmericas Cupで戦っているORACLE TEAM USAの応援へ向かったとのこと。代役としてプロダクトデベロップメント担当 エグゼクティブバイスプレジデントThomas Kurian氏が舞台に登壇します。

ちなみにORACLE TEAM USAは、Oracle OpenWorldが開幕した日曜日に2連勝。この日の夕方にエリソン氏が満面に笑みを浮かべて基調講演に登壇したのはそのせいでしょう。

クラウドに関する基調講演の内容をダイジェストで紹介しましょう。

Oracle CloudはSaaS、PaaS、IaaSを統合的に提供

Thomas Kurian氏。

fig

今日はOracle Cloudに関する3つの大きな発表を行う。

Oracle Cloudはアプリケーション、プラットフォーム、インフラストラクチャーを1つのクラウドで提供する。

fig

アプリケーションサービスは、顧客対応、人材管理、ERPなどを備えたフルスイートなSaaSだ。

fig

Oracle Databaseをクラウドで提供

続いてPlatform Serviceについて。

1つ目の発表は、Oracle Database as a Serviceだ。

fig

Oracle Database as a Serviceは、クラウド上で専用のデータベースインスタンスを提供する。Oracle 11g、Oracle 12cを選択でき、シングルノードか複数ノードのRAC構成か。バックアップやパッチの適用などの運用管理はオラクルが行う。

fig

これはオンプレミスで利用されているOracle Databaseとまったく同じものであり、オンプレミスで使えるツールやアプリケーションはそのまますべて使える。

あとはこのデータベースを使ってアプリケーションを利用してくれればいい。料金は月額サブスクリクションで提供する。

fig

基本機能はOracle Database EE。マネージドを選択すると、オラクルがパッチやバックアップなどを行う。さらに最大の可用性を選択すると、2ノードか4ノードのクラスタ構成で最大の可用性を実現する。

JavaミドルウェアのWebLogicをクラウドで提供

次の発表は、Oracle Java as a Service。

fig

これは専用のWebLogic Serverインスタンスをクラウドで提供する。1つのWebLogicもしくは複数のエラスティックなWebLogicドメインを選択でき、データベースのサービスと同様にパッチやバックアップなどの運用をオラクルが行う。

オンプレミスで利用されているWebLogic Serverと同じツール群がそのまま使える。

fig

Basicではシングルノードを提供、Managedでは1つもしくは複数ドメイン運用で、パッチやアップデート、バックアップ、リカバリなどもオラクルが行い、Maximum AvailabilityではWebLogic ClusterとRACとの統合による可用性の最大化、ディザスタリカバリといった機能も提供する。

fig

こうしたOracle Cloud Platform-as-a-Serviceの特徴は、業界標準のナンバーワンデータベースとナンバーワンミドルウェアが利用でき、しかもオンプレミスと互換性があること、そしてその運用をオラクル自身がすることだ。

fig

PaaSによってSaaSを拡張することができ、しかもインフラをクラウドに置き換えることができる。IT部門が活躍の幅を広げられるだろう。

IaaSはOpenStack APIで操作可能に

3つ目の発表がOracle Infrastructure as a Serviceだ。

Storage Serviceでは、ファイル、オブジェクト、BLOBなどのあらゆるデジタルコンテンツを保存し、管理できる。操作はクラウドのUIもしくはJava、OpenStack SwiftのREST APIに対応する。

fig

Compute Serviceは、テンプレートから仮想マシンを起動できる。インスタンスは標準、CPU重視、メモリ重視といったタイプが選択可能。ネットワークも完全に分離されており、OpenStack APIを通じて管理できる。

fig

オラクルはSaaSによるアプリケーション群、PaaS、IaaSを統合的にクラウドで提供する唯一の企業だ。しかも全体をオラクルが運用している。

これはお客様のプラットフォームを変革し、ビジネスをよりアジャイルにしていくとともに、すべてのIT部門やソフトウェアの提供のあり方を変えていくことにつながるだろう。

Oracle OpenWorld 2013 / JavaOne 2013

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , Oracle , PaaS , SaaS , クラウド



≫次の記事
Java SEとJava MEが一本化へ。Internet of Thingsの時代に向けて~JavaOne 2013
≪前の記事
[速報]オラクル、Oracleデータベースの遠隔バックアップサービスをクラウドで提供へ~Oracle OpenWorld 2013

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus