[速報]Amazonクラウド、インメモリデータベースと大規模データ分析に適した2つの大型インスタンス「ハイメモリ」と「ハイストレージ」を発表。AWS re:Invent基調講演(Day2)

2012年11月30日

ラスベガスでイベント「re:Invent」を開催中のAmazon Web Services。

2日目の基調講演にはAmazon.com CTOのWerner Vogels氏が登壇。昨日発表したデータウェアハウスサービスの「Amazon Redshift」に続き、データ処理に適した2つの大型インスタンスを発表しました。

ハイメモリとハイストレージ

Amazon.com CTO、Werner Vogels氏。

fig

多くの顧客にとってアメイジングなアプリケーション構築の助けになる2つのインスタンスを発表しよう。

fig

1つは「ハイメモリインスタンス」タイプ。240GBメモリと2つの120GB SSDを備えている。これは大規模インメモリ処理、インメモリデータベースやインメモリアナリティクスのためのインスタンスだ。

もう1つは「ハイストレージタイプ」だ。117GBメモリを備え、24本の2TB HDDを用意した。つまり48TBのディスクスペースを持つ。これはベリーベリーベリーラージアナリティクス処理に適している。あるいは、大規模なMapReduceを走らせている方から、こうしたインスタンスタイプはないのかと聞かれていたものだ。

エンタープライズにフォーカスした発表が続く

昨日のRedshiftといい、今回のハイメモリ、ハイストレージインスタンスの発表といい、re:Inventでは徹底的にエンタープライズにおけるデータベース処理、データ分析にフォーカスした発表が続いています。

次に発表される「AWS Data Pipeline」も企業がクラウド上でデータ分析を自動化するためのツールです。

≫「[速報]Amazonクラウド、データ統合サービスの「AWS Data Pipeline」を発表。データのバッチ処理、スケジューリングなどの自動化を実現。AWS re:Invent基調講演(Day2)」に続く。

AWS re:Inventレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , IaaS , クラウド



≫次の記事
[速報]Amazonクラウド、データ統合サービスの「AWS Data Pipeline」を発表。データのバッチ処理、スケジューリングなどの自動化を実現。AWS re:Invent基調講演(Day2)
≪前の記事
Amazonはハイマージンをむさぼる既存の「偽装クラウド屋」とは違う。AWS re:Invent基調講演(Day1)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig