Terraform、生成AIによるモジュールテストの自動生成を搭載、VSCodeでインフラコードの自動エラー検出機能も。HashiConf 2023

2023年10月16日

HashiCorpは米サンフランシスコにおいて現地時間10月11日と12日の2日間、年次イベント「HashiConf 2023」を開催しました。

1日目の基調講演で、インフラ構成ツールであるTerraformの新機能として、生成AIによるモジュールテストの自動生成機能や、同じく生成AIによって構成ファイルのエラーの検出などを可能にするバリデーション機能をStudico Code上で実現する機能などが発表されました

figHashiCorp共同創業者兼CTOのArmon Dadgar氏

TerraformのモジュールテストコードをAIが自動生成

Terraformは先週リリースされたTerraform 1.6で、テストフレームワークを搭載するようになりました。

これによりTerraformの構成ファイルとして記述されたモジュールを実行前にテストできるようになりました。ただし、モジュールをテストするテストコードを書かなくてはなりません。

fig

そこで発表されたのが、生成AIによってモジュールのテストコードを自動生成する機能です。

fig

モジュールをプライベートレジストリもしくはパブリックレジストリにプッシュし、Terraformの管理画面からモジュールのテストコードの生成を開始すると、数秒でローカルでテスト可能なテストコードが生成されます。

fig

このときセキュリティの面で、生成AIは対象となるモジュールのコードを学習することはなく、またサードパーティが利用することもないと説明されています。

Visual Studio CodeでTerraformコードの検証が容易に

同様に生成AIを用いてTerraformのコードの検証を行い、エラーの検出とガイダンスの表示などを行ってくれるVisual Studio Ccodeの拡張機能も発表されました。

変数宣言や必須とされる属性が欠落している場合の特定や、予期されない属性やブロックのハイライト表示、非推奨となった属性の仕様に対する警告などを行ってくれます。

複数の環境に対して一括で扱えるようにする「Stacks」

また、これまでは開発環境、テスト環境、本番環境などのことなる環境に対しては複数のワークスペースを用意し、扱う必要がありました。

fig

これを一括で扱えるようにする「Stacks」という新機能も発表されました。1つのコンフィグレーションで、複数の環境に対応できるようになります。

「これはTerraformエンジンが登場して以来、最大のアップデートだ」(Dadgar氏)

環境ごとにネットワークやストレージなどが異なる複雑な構成で威力を発揮すると説明されています。

fig

生成AIによるテストコードの生成はベータ版、Visual Studio Code対応の拡張機能は正式版、Stacksはプライベートプレビュー版となっています。

あわせて読みたい

DevOps 運用・監視 HashiCorp




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本