[速報]AWS、Copilot対抗となる「Amazon Q」発表。生成AIによるシステム開発支援や業務支援など、多様なAIサービスを提供。AWS re:Invent 2023

2023年11月29日

Amazon Web Services(AWS)は、ラスベガスで開催中のイベント「AWS re:Invent 2023」の基調講演で、生成AIを用いて多様なAIサービスを提供する「Amazon Q」を発表しました

マイクロソフトが「GitHub Copilot」や「Microsoft 365 Copilot」など「Copilot」を同社の生成AIサービスの包括的なブランドとしているように、AWSは「Amazon Q」ブランドにおいてコーディング支援やデータ分析、業務支援、コールセンター支援などの多様なAIサービスを発表しました。

fig

今回発表されたAmazon Qの機能は以下です。

AWS上でのシステム開発支援
AWS上でのアプリケーションの開発方法やサービスの使い方、トラブルシュートの方法、システム最適化の方法など、ITエンジニアからの質問にチャットで回答してくれる。

fig

プログラミング支援(Amazon Q in CodeWhisperer)
プロンプトによるコードの生成やコードの解説、テストの自動生成などを行ってくれる。

fig

コードの自動変換 (Amazon Q Code Transformation)
古いJavaや.NETのコードを最新のLTS版に対応したコードに変換してくれる

参考:[速報]古いJavaや.NETのコードを最新のJavaにAIが自動変換する「Amazon Q Code Transformation」、AWSが発表。AWS re:Invent 2023

fig

業務支援
社内システムと接続して業務用語や知識、各社員の仕事などを学習することで、業務に関連した質問にチャットで答えてくれる。

fig

データ分析と可視化(Amazon Q in Amazon Quicksight)
BIツールであるAmazon Quicksightに対してプロンプトでデータの分析や可視化を指示できる。

fig

コンタクトセンター支援(Amazon Q in Amazon Connect)
顧客からの質問に答えてくれるAIエージェントを作成可能。

fig

Amazon Qは現在プレビュー公開中です。価格表によると、業務支援やデータ可視化支援などビジネス向けの機能を提供する「Amazon Q Business」プランは月額20ドル。Amazon Q Businessプランの機能を含み、システム開発やプログラミング支援などITエンジニア向けの機能も提供する「Amazon Q Builder」プランは月額25ドルとなっています。

AWS re:Invent 2023の主な発表

Day 0:Monday Night Live

Day 1:Keynote by AWS CEO Adam Selipsky

あわせて読みたい

AWS クラウド 業務アプリケーション 機械学習・AI 運用・監視 開発ツール



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本