[速報]AWS、SPARCサーバを仮想化してAWSに載せる「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」発表。AWS re:Invent 2023

2023年11月28日

Amazon Web Services(AWS)は、ラスベガスで開催中のイベント「AWS re:Invent 2023」で、SPARCプロセッサを搭載したサーバ環境を仮想マシンとしてAWS上で提供する新サービス「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」(以下、SPARC on AWS)を発表しました

これによりSPARCサーバ上で動作するアプリケーションに変更を加えることなく、AWSに移行できます。

x86マシン上の仮想マシンとしてSPARCサーバを実現する技術は、以前からStromasys社が提供しており、2019年にはAWS MarketplaceでStromasys社がサービスを提供開始、VMware Cloud on AWSでも提供を開始しました。

Stromasys社はAWS以外のクラウドでも同様の機能やサービスを提供していますが、今回これがAWSに採用され、AWSが提供する「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」となったわけです。

AWSはこのサービスにより、仮想SPARC環境上でアプリケーションをリホストすることでレガシーハードウェアの廃止を可能にし、柔軟な従量課金制のオンデマンドリソースの恩恵を受けられ、運用コストを削減し、耐障害性を向上させることができるなどのメリットがあると説明しています。

ちなみにSPARCサーバの主要なOSであるSolaris 11は2034年までサポート期間が延長されることがオラクルから発表されています。

参考:オラクル、今後のSolarisはメジャーバージョンアップせず。継続的デリバリで頻繁にリリースする新方針を表明。Solaris 11のサポート期間は2034年まで延長

AWS re:Invent 2023の主な発表

Day 0:Monday Night Live

Day 1:Keynote by AWS CEO Adam Selipsky

あわせて読みたい

AWS クラウド サーバ ハードウェア 仮想化 Oracle Solaris




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本